富良野駅

根室本線と富良野線の駅、富良野の改札画像です。

駅名標。当駅は根室本線と富良野線の接続駅であり、富良野線は当駅が終点である。駅番号は根室本線のもののみが付番されている。根室本線の隣駅「のかなん」がシール貼りされているが、これは2017年まで隣に島ノ下駅があったためである。同駅は利用者僅少により廃止となった。
以前の駅名標。根室本線滝川方の隣駅表示が「しまのした」となっていることがわかる。同駅の廃止により、滝川方面の隣駅は野花南駅となったが、駅間距離は19.4kmと非常に長くなった。この1駅間の所要時間は概ね20分である。
根室本線の吊下式駅名標。行灯タイプとなっている。滝川方の隣駅表示は「のかなん」であるが…
よく見ると「しまのした Shimanoshita」を剥がした形跡が確認できる。
富良野線の吊下式駅名標。行灯タイプとなっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。鉄筋コンクリート製の駅舎となっており、「愛されるJRふらの駅」と書かれていることが特徴的である。当駅は「北海道のへそ」であり道内有数の観光地である富良野市の鉄道における玄関口である。
駅舎には国鉄時代からのものと思われる1種駅名標が設置されている。
また、駅舎前には国鉄時代に使用されていたと思われる駅名標が設置されている。この駅名標も島ノ下駅の廃止に伴い隣駅表示が野花南に修正されている。
駅名標の横には顔はめパネルも置かれており、観光客が記念撮影をする姿もしばしば見ることができる。
このほか、木製の駅名標も設置されている。
改札口。当駅は有人駅となっており、駅員による集改札が行われる。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口が設けられているほか、自動券売機も設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている。
待合室内部は広々としており、うどん・そば店も営業している。
観光地の玄関口ということもあり、待合室内にはコインロッカーも設置されている。
ホーム側(改札内)から見た改札口付近の様子。
改札口付近には国鉄時代に設置されたものと思われる駅名標がある。
改札口周辺の様子
JR北海道キャラクター「モジャくん」が鉄道で富良野を訪れた旅人を出迎えてくれる。
改札口からホームへ向かう通路の様子
ホームへは階段を上がって跨線橋で連絡する。階段には富良野名産のラベンダーの写真が入っている。
跨線橋と各ホームを結ぶ階段にも富良野名所・名物の写真が入る。2・3番線への階段には北海へそ祭りの写真が入る。
4番・5番線の階段には「北の国から」のロケ地の写真が入る。
跨線橋内部の様子
ホームは2面4線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能となっている。富良野線の列車は全列車が当駅始発・終着である。根室本線においても当駅は主要駅であり、当駅始発・終着列車が複数存在する。
跨線橋から見たホームの様子
ホーム上には、富良野が北海道のほぼ中心部に位置することを示すモニュメントと、北海へそ祭りのモニュメントが設置されている。
モニュメント付近には木製・手書きの名所案内が設置されている。
駅前にも北海へそ祭りのモニュメントが設置されている。
当駅構内にはもじ鉄案件が複数存在する。跨線橋の出入口付近には、指差称呼確認の三角ホーロー看板がある。
裏側の様子。表側は黒文字であるのに対し、裏は青文字となっている。
跨線橋の柱には手書きの「指差称呼確認」表示がある。
駅構内某所にある「火気厳禁」の手書き看板。
ホーム上の某所にある、手書きと思われる「4」の看板。番線標ではなく、何を示す看板なのかは不明。
ホーム上にある新得方面乗車口の案内板。根室本線の東鹿越ー新得間は2016年8月の台風被害によりバス代行となっており、現在当駅から新得へ列車へ直通することはできない。なお、同区間を含めた当駅ー新得間は利用が僅少であるため、JR北海道としては廃止を検討している。
当駅ホームから滝川・旭川方面を望む。駅構内は広々としており、貨物駅も併設されている。当駅からは、ジャガイモやタマネギといった農産物を輸送する貨物列車が農産物の収穫期を中心に発着しているようである。
当駅ホームから新得方面を結ぶ。前述の通り廃止が検討されている区間となる。当駅ー新得間がもし廃止となった場合、根室本線は滝川ー当駅と新得ー根室で分断されることとなる。どのような結論となるのか、今後も動向を注意深く見守っていきたい。

—————————————
所在地:北海道富良野市
乗入路線
根室本線
富良野線

美瑛駅

富良野線の駅、美瑛の改札画像です。

駅名標。道内有数の観光地である丘のまち・美瑛町の代表駅であり、富良野線における主要駅でもある。当駅から旭川方面に折り返す列車が複数存在し、当駅から旭川方面への本数は富良野方面と比べ若干多くなる。
色あせた駅名標も設置されている。
ホームに設置されている名所案内
名所案内も駅名標同様、色褪せているものが存在する。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。美瑛町周辺で採取された美瑛軟石を使用した、趣ある駅舎となっている。
改札口。当駅は有人駅になっており、駅員による集改札が実施される。なお、当駅は列車別改札のため、列車到着までホームに入ることができない。
切符売り場の様子。みどりの窓口が設置されており、自動券売機もある。
駅舎内部には待合室が設けられている。
待合室内部の様子。広々としている。
待合室内部の様子
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。ホームは千鳥式の配置となっている。
当駅に停車する富良野行き普通列車
2番線の旭川方面ホームへは跨線橋を渡る必要がある。
逆サイドから見た跨線橋の様子
当駅の番線標は独特の形状をしている
駅構内の様子。シラカンバの木が植えられており高原の情緒が感じられる。

—————————————
所在地:北海道上川郡美瑛町
乗入路線
 富良野線

旭川駅

函館本線・宗谷本線・富良野線の接続駅、旭川の改札画像です。

駅名標。当駅は北海道第2の都市・旭川市の玄関口の1つである。当駅には函館本線・宗谷本線・富良野線の3路線が分岐し、宗谷本線の新旭川駅から分岐する石北本線の列車も乗り入れる。函館本線は当駅が終着駅、宗谷本線・富良野線は当駅が起点である。
当駅に設置されている縦型駅名標は、北海道でよく見かけるホーロー製の駅名標ではない。恐らく、高架化に伴いホーロー駅名標は撤去されたものと思われる。
駅舎。駅周辺の再開発に伴い、2011年に開業した高架駅舎となっている。
北口駅前。旭川の中心市街である平和通買物公園へは、当駅の南北自由通路からまっすぐ伸びる通路でアクセスできるようになっている。
南口駅前。南口の駅前すぐに忠別川が流れており、再開発の結果南口側には公園のような空間が広がっている。
東口改札。自動改札機が設置されているが、Kitaca等の交通系ICは利用不可となっている。
西口改札。当駅は日本最北端の自動改札機設置駅となっている。
当駅の駅舎内は、改札外にロの字型に通路が配置されている。画像は北口側の通路。木材を多用した天井と間接照明、ガラス張りの壁がオシャレな雰囲気を醸し出す。外壁のガラスに沿ってベンチが置かれている。
みどりの窓口は北口通路の並びに設置されている。
南口側の通路。デザインは北口側と共通しているが、通路の幅はより広くなっている。北口通路に比べると店舗の数は少ない。
南北自由通路。駅の東側・西側にそれぞれ設けられている。画像は西側の通路で、通路上にはタマゴ型のオブジェが設置されている。
当駅には隣接してイオンモール旭川駅前が営業しており、駅舎とイオンモールは直結している。
当駅駅舎内には特急カムイと旭山動物園、駅長が描かれた顔はめパネルが設置されている。
改札内コンコース。東口改札・西口改札ともに、改札を入ってすぐにエスカレーター・エレベーター・階段が設置されている。
西口改札を入ってすぐのところには、旭山動物園をモチーフとした歓迎モニュメントが置かれている。
2F改札内コンコース。木材と間接照明が多用され、洗練されたデザインとなっている。東口改札・西口改札からのぼってくるとこのコンコースにたどり着く。ホームは3Fにあり、もう1フロア上がる必要がある。
2Fコンコースから3Fホームへのエスカレーター。壁と天井に木材が多用されており、暖かみが感じられる空間となっている。
エスカレーター出入り口とホームは、冬期の防寒対策のためか扉で仕切られている。
発車標は見やすいように、ホームへのエスカレーター出入り口付近に設置されている。
ホームは4面7線となっている。函館本線・宗谷本線・石北本線・富良野線の4路線が発着する、道北最大のターミナルであるため、駅も大規模になっている。
ホームを支える白い支柱は樹木のようなデザインとなっている。富山駅のデザインと意匠が似ているが、設計事務所が同じようである。

—————————————
所在地:北海道旭川市
乗入路線
函館本線
 宗谷本線
 石北本線)
 富良野線