御崎駅

室蘭本線の駅、御崎の改札画像です。

駅名標
支柱の異なるタイプの駅名標も設置されている
当駅にもホーロー縦型駅名標が残っていた
駅舎、洋風デザインの駅舎となっている
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない
駅舎内部は待合室となっている
駅舎内部の様子
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線となっている

—————————————
所在地:北海道室蘭市
乗入路線
室蘭本線

母恋駅

室蘭本線の駅、母恋の改札画像です。

駅名標、全国に4つのみの「恋」がつく駅の1つである。母が恋しくなった時に下車してみてもいいかもしれない
駅名標、当駅ではホッキ貝が入った駅弁である「母恋めし」が売られており、名物として有名である
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている
駅舎、青いトタン屋根が特徴的な開業当時からの木造駅舎が使用されている
駅舎はホーム上屋と一体化した構造となっている
駅舎は待合室となっており、ストーブを取り囲むようにベンチが設けられている。当駅は簡易委託駅であり、出札窓口にてきっぷの購入が可能である
当駅では集改札をおこなっていないため、改札口は存在しない
駅舎外には改札ラッチ跡が残されており、駅舎を通らずともホームへ出入りできる構造となっている
ホーム側から見た改札口の様子
ホームは相対式2面2線となっている

—————————————
所在地:北海道室蘭市
乗入路線
室蘭本線

室蘭駅

室蘭本線の駅、室蘭の改札画像です。

駅名標、当駅は室蘭本線支線(東室蘭ー室蘭)の終着駅である。当駅始発・終着となる札幌までの特急すずらん号が運行されている
光らないタイプの駅名標も設置されている
名所案内看板、室蘭を代表する名所である「白鳥大橋」「地球岬」も記載されている
当駅にもホーロー縦型駅名標が残っていた
駅舎、現在地への移転に伴い1997年に新築された駅舎であり、船のマストをモチーフとしたデザインとなっている
改札口、有人駅となっており係員による集改札が行われる
改札口を挟んで両サイドにみどりの窓口、自動券売機がそれぞれ設置されている
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている
ホームは頭端式であり、線路は当駅で行き止まりとなっている
ホームは1面2線となっている
当駅は1997年に現在の位置に移転しているが、それまでは1.1km西側に駅が存在した。旧駅舎は1912年に建造された木造駅舎であり、道内では最古の駅舎である。国の登録有形文化財・JR北海道の準鉄道記念物にも指定されており、歴史的価値が高いことから現在は室蘭市に譲渡され、室蘭市の観光案内所として使用されている
前述の通り、旧室蘭駅舎は現在観光案内所として使用されているが、内部には鉄道の歴史を展示するコーナーも設けられている
旧駅舎時代に使用されていたと思われる当駅の1種駅名標は当時の歴史を物語る展示物として余生を送っている
また、キハ40型のボックスシートをモチーフとしたベンチも設置されている
旧室蘭駅舎の隣には蒸気機関車のD51 560号機が保存されている。道内で採掘された石炭を輸送した鉄道の黎明期を支えた蒸気機関車は、室蘭がかつて石炭積み出しのまちとして発展した歴史を物語っているのである

—————————————
所在地:北海道室蘭市
乗入路線
室蘭本線

本輪西駅

室蘭本線の駅、本輪西の改札画像です。

駅名標
当駅にもホーロー縦型駅名標が残っていた
駅舎、2015年に現在の簡易的な駅舎に改築された。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない
駅舎内部は待合スペースとなっている
老朽化により旧駅舎は解体されたが、旧駅舎の一部は解体されずに現在も残されている
ホーム側から見た旧駅舎の様子
駅舎からホームへは跨線橋を渡って連絡する
広い駅構内を跨ぐため跨線橋の長さは長くなっている
跨線橋内部の様子
ホーム側の跨線橋出入口の様子
跨線橋のホーム側には手書きと思われる出口看板が残っていた
出口看板の上側もまた手書きと思われる方面看板が残っていた。「蘭」「幌」「札」の字が特徴的である
跨線橋には「視程標」と書かれた手書き看板も残っていた
ホームは島式1面2線となっている
ホーム上屋は古レールを使用した歴史を感じさせる造りとなっている
ホーム上には「止まれ」と書かれた手書き看板が残っていた
駅構内には錆び付いた安全第一看板が残っていた
当駅構内は広く、側線が多数設けられている。これは当駅に貨物駅が併設されており、貨物駅が多数発着していた名残である
当駅は鉄道による道内の石油輸送の拠点駅であったが、タンカーおよびタンクローリー輸送へ転換した結果、2014年以降は当駅を発着する貨物列車は無くなった。現在は使用されなくなった線路のみが残されている

 
 
 

貨物駅入口付近には関係者以外進入禁止の手書き看板が残っていた
JR貨物が設置したと思われる室蘭観光案内図、室蘭の観光地がイラストマップで描かれているが経年劣化により読み難くなっている

—————————————
所在地:北海道室蘭市
乗入路線
室蘭本線

崎守駅

室蘭本線の駅、崎守の改札画像です。

駅名標
支柱が鳥居型の駅名標も設置されている。
当駅にもホーロー縦型駅名標が残っていた。
駅入口。当駅はホームがあるのみの無人駅であり、駅舎および改札口は存在しない。
当駅ホームは高架となっており、高架下には上りホーム・下りホームにそれぞれ通じる階段が設けられている。
ホームは相対式2面2線となっている。
当駅付近は山がちな地形であり、トンネルが連続する区間となっている。
山がちな地形もあった当駅のホームは傾斜地に設けられているため、長万部・函館寄りのみ高架ホームとなっている。
ホームからは崎守の街並みと室蘭港を望むことができる。
駅付近の高台を走る国道37号線から俯瞰したホームの様子。ホーム越しに噴火湾を望むことができ眺望に優れていることがわかる。

—————————————
所在地:北海道室蘭市
乗入路線
室蘭本線