新所原駅

天竜浜名湖鉄道の乗換駅、新所原の改札画像です。

※2017年3月再取材

○駅名標
当駅は静岡県の駅としては最も西に位置する駅であり、隣の二川駅は愛知県の駅となる。
なお愛知県との県境は当駅より200mほど西を通っており、駅勢圏に愛知県も入る。
新所原jr駅名

○駅舎
JRの駅舎と天竜浜名湖鉄道の駅舎は、隣接しているが独立している。
新所原駅舎

JRの駅舎は、2016年11月に新しい橋上駅舎が供用開始された。
新所原jr駅舎

以前の駅舎(2010年12月取材)
新所原駅舎

天浜線の駅舎は、改築されず以前のまま同じ場所に建っている。
新所原天浜駅舎

○JR改札口
新所原jr改札

○天浜線駅舎内部
天浜線の駅舎内には、窓口・券売機があるほか、うなぎ屋が入居している。
うなぎ屋では、店内でうな丼が食べられるほか、弁当として持ち帰ることも可能。
浜名湖名産のうなぎが浜松市内よりリーズナブルに食べられる、人気の店である。
新所原天浜駅舎内部

改札は有人改札となっている。JR線とは完全に別改札である。
新所原天浜改札

以前は、JR線と構内が繋がっており、天浜線乗換改札があった。(2010年12月取材)
しかし、JR線の駅舎橋上化に伴い、乗換改札は廃止された。
新所原天浜乗換

—————————————
所在地:静岡県湖西市
乗入路線
東海道線
天竜浜名湖鉄道線

掛川駅

東海道新幹線、東海道線、天竜浜名湖鉄道の駅、掛川の改札画像です。

東海道新幹線駅名標。当駅は1988年に静岡ー浜松間に新設された。当駅にはこだま号のみが停車する。
東海道線駅名標。当駅は東海道新幹線・天竜浜名湖鉄道に接続する東海道線の主要駅の1つであり、当駅始発・終着となる列車が存在する。当駅から浜松方面へは、静岡方面と比べると本数が多くなる。
東海道線の自立式駅名標
駅番号導入前の東海道線駅名標
天竜浜名湖鉄道駅名標。天竜浜名湖鉄道(通称:天浜線)は旧国鉄二俣線を1987年に第三セクターへ転換した路線であり、当駅を起点とし天竜二俣・西鹿島を経由し新所原へ至る。
北口駅舎。当駅は東海道新幹線の停車駅としては唯一の木造駅舎が長らく使用されていたが、耐震に難があったため解体され、現在は旧駅舎の部材を再利用し外観が復元された駅舎が使用されている。
北口改札。北口側には在来線改札のみが設けられている。
北口側きっぷうりばの様子。自動券売機が設置されている。
北口側駅舎内部の様子。JR東海ツアーズが入居している。
南口駅舎。新幹線駅は南口側に設けられている。高架下は商業施設「ASTY掛川」となっている。
在来線南口改札。新幹線改札・新幹線乗り換え改札と隣接しており、駅員詰所を共用している。
新幹線改札
新幹線乗り換え改札口
東海道線ホームは2面3線となっており、列車の折り返しが可能である。ホーム同士は地下通路にて連絡する。
ホーム同士を連絡する地下通路には手書きの番線標が設置されている。
天浜線駅舎。天浜線の駅はJR駅に隣接していながらも、別に駅舎が設けられており、縦に細長い三角屋根が特徴的な建物となっている。
天浜線改札口はJR駅の改札とは分離されている。自動改札機は設置されておらず、TOICA等の交通系ICも利用できない。
天浜線駅舎内にもJR線の無人改札が設けられており、天浜線駅舎とJRホーム1番線がダイレクトに結ばれている。 この改札はJR線と天浜線との乗り換え用の改札であるが、JR線のみに乗車する際も利用可能である。 
2016年8月頃撮影の天浜線乗り換え口の様子。現在は新型の簡易改札機に更新されている。
天竜浜名湖鉄道きっぷ売り場。窓口のほか、自動券売機2台が設置されている。
天浜線駅舎内部の様子

—————————————
所在地:静岡県掛川市
乗入路線
東海道新幹線
東海道線
天竜浜名湖鉄道