中松江駅

南海加太線の駅、中松江の改札画像です。

駅名標
駅舎。木造の小ぢんまりとした駅舎となっている。
当駅に設置された1種駅名標
改札口。有人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
切符売り場の様子。窓口があるほか、自動券売機も設置されている。
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。
駅舎から見たホームの様子
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能である。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
南海加太線(加太さかな線)

八幡前駅

南海加太線の駅、八幡前の改札画像です。

駅名標
当駅を含む加太線の各駅には、通常の駅名標の他に木製の駅名標も設置されている。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
当駅に設置されている1種駅名標。南海電車の現行タイプとは異なる。
改札口。有人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能。
紀ノ川・和歌山市方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
当駅ホームに設置されている柵は、愛称の「加太さかな線」にちなみ、魚の絵が見えるような塗装がなされている。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
南海加太線(加太さかな線)

西ノ庄駅

南海加太線の駅、西ノ庄の改札画像です。

駅名標、元AV女優の西野翔とは関係はない。
当駅を含む加太線の駅には、通常の駅名標のほか、木製の駅名標も設置されている。
駅舎。レトロ感が感じられる小ぢんまりとした駅舎である。
当駅に設置されている1種駅名標は手書きのものとなっており、南海電車の通常タイプとは異なる。
改札口。無人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で、列車の行き違いは不可能である。
当駅のホームに設置された柵は、路線愛称の「加太さかな線」にちなみ、魚のイラストが見えるような塗装がなされている。
当駅に進入する加太行きの「めでたいでんしゃ」。加太線には水戸岡デザインの列車が複数種類走っており、そのうちの1つである。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
南海加太線(加太さかな線)

二里ヶ浜駅

南海加太線の駅、二里ヶ浜の改札画像です。

駅名標
当駅を含む加太線の駅には通常の駅名標の他に木製の駅名標も設置されている。
駅舎。レトロ感が感じられる木造駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
きっぷ売り場。窓口があるほか、自動券売機が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
ホーム上屋からは趣ある雰囲気が感じられる。
加太方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
構内踏切付近には「危険 電車に注意」と書かれた手書き看板がある。
ホーム上の壁には地元小学生が書いた絵が描かれている。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
南海加太線(加太さかな線)

磯ノ浦駅

南海加太線の駅、磯ノ浦の改札画像です。

駅名標。駅名の通り海が近く、関西のサーフィンのメッカとして知られる磯の浦海水浴場が駅至近にある。そのため、夏季は海水浴客の利用が多い。
当駅を含む加太線の駅には、通常の駅名標の他に木製の駅名標も設置されている。
駅舎。駅前の道路より高い位置に設けられており、駅舎へは階段を上がる必要がある。
改札口。有人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
駅舎内には、インスタ映えを狙ったと思われる撮影用のボードが設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている。
和歌山市方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。

—————————————
所在地:和歌山県和歌山市
乗入路線
南海加太線(加太さかな線)