新見駅

伯備・姫新・芸備線の交わる中国山地の交通拠点、新見の改札画像です。

当駅には、伯備線・姫新線・芸備線の3路線が乗り入れる。
姫新線は当駅が終点、芸備線は当駅が起点となっている。

伯備線の駅名標。ラインカラーに対応している。
姫新線・芸備線の駅名標。岩山駅が姫新線の駅、布原駅が芸備線の駅である。
布原駅は正確には伯備線の駅であるが、伯備線は全列車が通過し、芸備線の列車のみ停車する。
駅舎。赤い屋根が特徴的な、趣ある木造地平駅舎となっている。
改札口。当駅は飛び地でICOCA等のICカードが利用できる。
駅舎内部。待合室となっている。
当駅の時刻表。姫新線・芸備線の本数がかなり少ないことがわかる。
また伯備線も、当駅以北、米子方面へ向かう普通列車の本数は少なくなっている。

—————————————
所在地:岡山県新見市
乗入路線
 伯備線
芸備線
姫新線

米子駅

鳥取第2の都市、米子の改札画像です。

※2017年5月再取材

米子駅名
駅名標。山陰地区へのラインカラー・路線記号導入に伴い、駅名標が交換された。
山陰線(当駅〜城崎温泉)は、「鳥取二十世紀梨の色」となっている。
米子駅名
ラインカラー導入前の駅名標。JR西日本標準のデザイン・カラーとなっている。
米子駅舎
駅舎。国鉄時代から使用されている、歴史ある重厚な駅舎である。
米子改札
改札口。2016年12月の山陰地区ICOCA導入に伴い、扉付きの自動改札機が設置された。
なお、山陰地方での自動改札機設置駅は、当駅、松江、出雲市の3駅のみである。
鳥取県の駅としては、当駅が唯一の自動改札機設置駅である。
米子改札
ICOCA・自動改札機設置前の改札。駅員さんが改札を行っていた。

*・゜゚・* 水木しげるワールドの玄関口・米子 *・゜゚・*

当駅と境港を結ぶ境線。
終点の境港は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者として知られる、
水木しげる先生の出身地である。

米子境線のりば
境線ホームへ向かうと、目玉おやじとねずみ男がお出迎えしてくれる。
米子境線のりば2
境線では鬼太郎や目玉おやじを車体にデザインした「鬼太郎列車」が走っており、境港観光の目玉にもなっている。
米子境線のりば4
鬼太郎列車が発着する境線ホーム。妖怪ワールド一色になっている。
米子駅名鬼太郎
境線ホーム駅名標。ねずみ男駅という副駅名がつけられている。
米子境線のりば3
境港からの帰りも、鬼太郎が見送ってくれる。
米子発祥
当駅は山陰地方における鉄道発祥の地である。
駅前にはそのことを示す碑が設置されている。 
—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
■ 山陰本線
■ 伯備線)
■ 境線

伯耆大山駅

山陰本線と伯備線の分岐駅、伯耆大山の改札画像です。

※2017年10月再取材

○駅名標
当駅には山陰線と伯備線が乗り入れる。伯備線は当駅が終着駅である。 

以前の駅名標

 
○駅舎
 
○改札口
2016年12月のICOCA導入に伴い、IC専用簡易改札機が導入された。
なお、各駅で交通系ICが利用できるのは当駅〜出雲市間のみである。
伯備線新見方面では一部主要駅のみで利用可能である。 山陰線鳥取方面へは利用不可である。 

 
○ホーム
当駅のホームは2面3線となっているほか、側線が多数あり構内は比較的広い。 
 
—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
山陰本線
伯備線