高尾駅

中央線と京王高尾線の駅、高尾の改札画像です。

高尾jr駅名
JR線駅名標。当駅は中央線における東京都最西端の駅。隣の相模湖駅は神奈川県。中央線快速は当駅で大部分の列車が都心方向へ折り返すため、当駅始発・終着列車が多い。
高尾ケチ王駅名
京王線駅名標。当駅は京王高尾線とJR中央線の接続駅。高尾山登山の拠点は隣の高尾山口駅。
高尾北口駅舎
北口駅舎。社寺風デザインの趣ある駅舎である。JR東が管理している。
高尾南口駅舎
南口駅舎。北口とは全く異なる印象を受ける。京王管理。
高尾北口改札
北口改札。JRの改札だが、京王利用者の北口への利便性を考慮し、京王の乗車券でも通過可能。 
高尾jr南口
JR線南口改札。改札機はJR東のEG-20型だが京王の駅員が立つ。駅員詰所は京王線の改札と共用である。
高尾ケチ王南口
京王線南口改札
高尾ケチ王乗り換え
京王線・JR線連絡改札。京王・JR両線を乗り換える乗客向けの改札である。左側の黄色の改札機は京王線利用者がJR線の駅構内を通過して北口に抜けるための改札。京王線から北口へ抜けるには黄色の改札機を必ず通らねばならない。なお、同様のシステムは始発駅である新宿でも導入されている。

 —————————————————
所在地:東京都八王子市
乗入路線
中央本線
京王高尾線

八王子駅

中央線、横浜線、八高線の駅、八王子の改札画像です。

中央線駅名標。当駅は特急も停車する中央線の主要駅である。
八王子中央駅名
中央線の駅番号導入前の駅名標
横浜線駅名標。横浜線は東神奈川駅を起点とし当駅が終点である。
橋本から分岐する相模線の列車も一部が当駅まで乗り入れる。
八王子横浜駅名
駅番号導入前の横浜線駅名標
八高線駅名標。八高線は駅番号導入対象外のため駅番号は振られていない。
八高線は当駅を起点とし高崎の隣駅の倉賀野が終点である。
なお八高線当駅ー高麗川駅間が電化区間で、高麗川ー倉賀野間は非電化である。
当駅発着の八高線は川越線の高麗川ー川越間と直通し、川越まで乗り入れる列車が多い。
八王子八高駅名
四ヶ国語化対応前の八高線駅名標
駅舎。駅ビル「セレオ八王子」が入居する駅ビルとなっている。
当駅周辺は立川、町田、吉祥寺と並ぶ多摩地区有数の繁華街である。

改札口。大規模な駅ながら改札口はここ1箇所である。
当駅の利用者数は多摩地区では立川、吉祥寺、国分寺、三鷹に次いで多い。 
—————————————————
所在地:東京都八王子市
乗入路線
中央本線
横浜線
相模線)
八高線
■ 川越線)

国立駅

一橋大学最寄り駅、国立の改札画像です。

駅名標。市名・駅名である「国立」は、「国」分寺と「立」川の間にあることに由来する
駅舎。近年中央線の高架化事業に伴い高架化された。現在は駅前広場の整備中。
高架化前の赤い三角屋根の駅舎は解体されたが、2020年をめどに高架駅舎の横に復元予定。
中央改札。当駅は一橋大学の最寄り駅であり、一橋大学関係者の利用が多い。
nonowa口。営業時間7:00〜22:00の無人改札。駅西側に通じる。
nonowa口はSuica等の交通系IC専用の改札となっており、切符の利用は不可。

—————————————————
所在地:東京都国立市
乗入路線
中央本線
武蔵野線)

古虎渓駅

中央本線の駅、古虎渓の改札画像です。

駅名標。当駅は岐阜県に位置するが、隣の定光寺駅は愛知県となる。
駅番号導入前の駅名標
当駅ホームに設置されている名所案内
駅舎。鉄筋コンクリート製の地平駅舎となっており、駅前広場から一段高い位置にある。
駅前には手書きっぽい看板が設置されていたようだが、支柱が折れたためか現在は若干地面に埋まってしまっている。
改札口。TOICA等の交通系IC専用の簡易改札機が設置されている。
きっぷうりばの様子。当駅には窓口による乗車券類の販売が行われる。
乗車券発売所の看板はJR化後の設置であるが、そこはかとなく手書きっぽい雰囲気が感じられる。
当駅には自動券売機は設置されておらず、窓口営業時間外は無人駅となるため、窓口営業時間外に交通系ICを使用せず乗車する場合、車内で乗車券を購入する必要がある。
駅舎内は待合室となっており、木造ベンチが設置されている。
駅舎内部の様子
ホームは相対式2面2線となっている。
名古屋方は当駅を出てすぐトンネルとなる。
当駅周辺は名古屋近郊とは思えないほど自然豊かな環境が広がっている。

—————————————
所在地:岐阜県多治見市
所属路線
 中央本線(中央西線)

日野春駅

中央本線の駅、日野春の改札画像です。

吊下式駅名標。中央本線大月ー小淵沢間への駅番号導入に伴い、4ヶ国語対応となった。
駅番号導入前の駅名標
自立式駅名標
自立式駅名標
ホーム上に設置されている名所案内
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。Suica等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷうりばの様子。かつては窓口が設けられていたが、現在窓口は閉鎖されている。自動券売機が1台設置されている。
駅舎内部の様子
ホームは2面3線となっており、列車の待避が可能となっている。普通列車は当駅で特急列車の通過待ちを行うことが多い。
歴史ある木造駅舎を有する当駅にはもじ鉄案件が複数存在する。駅舎のホーム側には安全第一のホーロー看板がある。
また、同じく駅舎のホーム側には「停一號」と書かれていると思われる木製の看板がある。その上には建物財産標があり、明治37年(1904年)10月築であることが示されている。事実であれば、築100年を優に超える駅舎である。
当駅は七里岩の台地を超える急勾配上に位置しており、蒸気機関車の時代は給水拠点として重要な駅であったとされる。当駅構内には蒸気機関車時代の名残である給水塔が残されている。
給水塔付近には、給水塔の歴史を紹介する看板も残されている。給水塔が撤去されることなく末長く残ることを祈るばかりである。

—————————————
所在地:山梨県北杜市
乗入路線
中央本線