神明駅

福井鉄道の駅、神明の改札画像です。

駅名標、当駅には急行以下全ての列車が停車する。駅名は当駅が最寄駅となる神明神社から命名された。
駅舎、駅舎は近年改装されたが趣のある平屋建ての駅舎となっている。
改札口、当駅は有人駅となっていて乗車券の購入が出来る。
改札口周辺、窓口のほか券売機も設置されている。
駅舎内には待合室も設置されている。
ホームは2面3線。通常使用されるのは真ん中の島式ホームのみとなっている。
駅舎とホームは構内踏切で結ばれる。
駅舎に隣接したホームは他のホームと異なり高さが高くなっている。これはかつて運行されていた高床式車両用のホームである。現在はすべて路面電車型の低床式車両での運行であるため、使用されていない。
福鉄の特徴として、ポイント部分にスノーシェッドが設けられていることが挙げられる。福井は雪国であるため冬季はそれなりに積雪がみられるが、同じ福井県内の鉄道であるえち鉄等にはない設備であり、福鉄独特のものとなっている。

—————————————
所在地:福井県鯖江市
乗入路線
福井鉄道福武線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください