南富山駅

富山地方鉄道不二越線・上滝線の境界駅、南富山の改札画像です。

駅名標。当駅は富山地鉄不二越線と上滝線の境界駅である。稲荷町ー当駅間が不二越線、当駅ー岩峅寺間が上滝線である。しかしながら列車は全列車が両線を直通しており、両線は「不二越・上滝線」として一体化した路線として扱われる。
当駅には他駅にはない駅番号対応の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。レトロな雰囲気が漂う。駅舎は富山地方鉄道の研修センターも兼ねている。
駅前には市内電車の電停がある。
改札口。IC専用の自動改札機が設置されている。列車別改札であり列車が来ない時間帯は封鎖される。
改札口周辺。有人窓口があり自動券売機も設置されている
駅舎内部。待合スペースになっている。
改札口から不二越・上滝線ホームへは構内踏切を渡る必要がある
不二越・上滝線ホーム入口。階段とスロープが両方設置されている
不二越・上滝線ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能
市内電車乗り場。当駅から富山駅に向かう場合は、料金面・運行本数面で市内電車が優位である。なお所要時間面では不二越線が優位である。
当駅は、不二越・上滝線と駅舎の間を市内電車の引込み線が通っており…
引き込み線は当駅構内に設けられた市内電車の車庫に通じている。
当駅前の商店街の屋根部分をよく見ると…
北陸新幹線W7系車両のイラストが描かれている。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線
上滝線
富山市内軌道線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください