泊駅

あいの風とやま鉄道の駅、泊の改札画像です。

自立式駅名標、当駅はほとんどの列車の運行境界駅となっており、富山方面・直江津方面共に当駅を始発・終着としている。
自立式駅名標、当駅は下新川郡朝日町の代表駅となっており、JR時代には特急「北越」や急行「のと」が停車していた。
駅舎、コンクリート製の地平駅舎となっている。
駅舎の第1種駅名標、あいの風とやま鉄道の列車とえちごトキめき鉄道双方の列車が乗り入れるため、「あいのトキめき駅」の副駅名を持つ。
泊駅舎
JR時代の駅舎、第1種駅名標が現在と異なる。
改札口、IC専用簡易自動改札機が1台設置されている。
改札口内側から撮影、かつてのラッチ跡が残っている。
ラッチには「御乗車ありがとうございました」の国鉄時代からのものと思われる看板が残っている。
北陸線停まり
JR時代の改札口、入場印字機が置かれていた。
改札口周辺、有人窓口があり自動券売機は1台設置されている。
駅舎内部は待合室が設けられている。
待合室は近年リニューアルされた。
待合室内部、ベンチやテレビが置かれている。
駅舎のトイレには「手洗所」の国鉄時代からのものと思われる看板が残っている。
ホームは2面3線で、折り返しが可能な構造になっている。



2番乗り場は富山方面⇆糸魚川方面の列車を同一ホームで乗り継げる構造になっている。


2番のりばの乗り換え用の案内看板。
ホームの側面には「左右指差確認」の手書き文字がある。
駅舎には「駅長事務室」の手書き文字がある。
同じく駅舎には「保管庫」の手書き文字も存在している。

—————————————
所在地:富山県下新川郡朝日町
乗入路線
あいの風とやま鉄道
日本海ひすいライン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください