あき亀山駅

可部線の終着駅、あき亀山の改札画像です。 

○駅名標
当駅は2017年3月4日に、可部線の延伸区間の駅として開業した。

周辺では、隣の河戸帆待川駅と、山陽本線の寺家駅が同日に開業している。

駅名の「あき」は、広島県の旧国名である「安芸」を平仮名にしたものであるが、
「安芸」を平仮名にしたことで「あき竹城」っぽい駅名となっている。

安芸亀山駅名

○駅舎 

機能性を重視したコンパクトな駅舎となっている。
安芸亀山駅舎

○改札口

切符対応の簡易型自動改札が2台設置されている。IC利用可。
無人駅となっており、乗車券は自動券売機で購入する。
駅舎内は改札機・券売機のみであり、必要最低限の設備で営業を行っている。
安芸亀山改札 

○ホーム
ホームは1面2線となっている。また、留置線が多数ある。
線路は当駅で行き止まりとなっており、線路を遮るように駅舎が建てられている。
安芸亀山構内

安芸亀山ホーム

駅周辺は広島市の郊外に位置しており、農地と住宅地が広がる。
安芸亀山駅周辺

————————————— 
所在地:広島市安佐北区 
乗入路線
■ 可部線 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください