東滑川駅

あいの風とやま鉄道の駅、東滑川の改札画像です。

山側の駅名標。あいの風鉄道の駅名標は山側と海側で色が異なり、山側は青色である。山側を向く駅名標の背景は海となるため、青色となっている。
 
 

海側の駅名標。山側が青色なのに対し、海側は緑色である。これは、海側を向く駅名標の背景が山であるため、山の色に合わせ緑色となっている。
JR時代の駅名標
駅舎。小ぢんまりとした駅舎は近年改修工事が行われ、外観が美しくなった。

改修前の駅舎。現在の駅舎と同じ建物であるが、外観が変わっていることがわかる。
JR時代の駅舎。JR西日本の駅であることを示す、ロゴ等は特に貼られていなかった。

改札口。IC専用簡易改札機設置の無人駅である。あいの風鉄道では数少ない無人駅の1つであり、利用者数も下から数えた方が早い。
あいの風鉄道移管後、駅舎改修前の改札口。IC専用簡易改札機設置の無人駅であることは現在と変わらないが、窓口跡が残っていたり、内装の造りに歴史が感じられたりと、改修後と印象は随分異なる。
JR時代の改札口。ICOCAはあいの風鉄道に移管後導入されたため、JR時代は完全な無人駅であり、改札は存在しなかった。
駅舎の改修に伴い、新たに自動券売機が設置された。
駅舎内部は待合室となっている。
ホームは相対式2面2線となっている。

 
駅舎から富山方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。

ホームから見た構内踏切の様子
また、当駅の真横を地鉄電車が通るが、駅は設けられていない。当駅から最も近い地鉄電車の駅は越中中村駅で、当駅から約550m、徒歩6〜7分の場所にある。なお、隣の魚津駅、滑川駅で乗り換え可能なため、乗換駅には指定されていない。
地鉄電車と逆サイド、黒部・泊方面ホームの横には用途不明の謎の線路がある。
当駅駅前から海側を望む。奥には青々とした日本海を望むことができる。駅から海岸線までは約1km離れている。

—————————————
所在地:富山県滑川市
乗入路線
あいの風とやま鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください