甲浦駅

阿佐海岸鉄道の駅、甲浦の改札画像です。

駅名標。当駅は阿佐海岸鉄道で唯一高知県にある駅であり、終着駅でもある。
高知県にある駅としては当駅が最東端であり、駅名標にもその旨が記されている
また高知県にある他の駅とは一切接続していない、飛び地状態の駅となっている。
駅舎。時計台のある特徴的な駅舎であるが、ホームには駅舎を通らず入ることができる。
阿佐海岸鉄道では2020年にDMVを導入予定で、現在それに伴う工事が行われている。
DMVは当駅で高架線から一般道路へと降り、室戸岬方面へと走る計画となっている。
当駅には高架橋から道路へ降りるスロープが付く予定で、現在工事が行われている。
駅舎は現在入ることができないため、仮駅舎が整備されている。
仮駅舎内部は待合スペース、レンタサイクル屋、売店が入居している。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっている。
当駅には1時間に1本程度汽車がやってくる。DMV導入後は全列車がDMVでの運行となる。
そのため、阿佐海岸鉄道での気動車による運行はもうじき見納めとなる。
線路は当駅で終点である。本来は当駅より先、室戸岬を経由し高知に至る計画であった。
計画区間の一部である奈半利ー後免間は土佐くろしお鉄道が運行しているが、
奈半利ー当駅間は建設計画が具体化しないまま今日に至っている。
DMV導入により、本来の計画であった室戸方面への延伸が実現することとなる。
ホーム上にも待合スペースがある

—————————————
所在地:高知県安芸郡東洋町
乗入路線
阿佐海岸鉄道阿佐東線

宍喰駅

阿佐海岸鉄道の駅、宍喰の改札画像です。

駅名標、当駅は阿佐海南鉄道唯一の直営駅である。また隣の甲浦駅は高知県である為当駅は徳島県最南端の駅となっている。
駅舎、当駅は高架駅となっている。
改札口。有人窓口に乗車券の購入が可能である。また改札口間隣の水槽には「伊勢海老駅長」が鎮座している。
駅舎内部、顔ハメパネルなどが展示されている。
ホーム海部方にはトンネルがある。
ホームは1面1線の棒線ホームになっており、待合室もある。また当駅の待合室内には狭いながらもEVが設置してある。
駅構内には留置線が存在する。またその為当駅止まりの列車も存在する。
駅前には学校があり、その奥には海が見える。
駅裏側には田園風景が広がる。
駅前には宍喰町の観光まっぷが設置されているが、観光地を示す文字などはなぜかない。

—————————————
所在地:徳島県海部郡海陽町
乗入路線
阿佐海岸鉄道阿佐東線

海部駅

牟岐線と阿佐海岸鉄道の駅、海部の改札画像です。

JR牟岐線駅名標。当駅はJR牟岐線と阿佐海岸鉄道の接続駅である。牟岐線と阿佐海岸鉄道は直通運転を行っていないため、全列車が当駅始発・終着である。
阿佐海岸鉄道駅名標。阿佐海岸鉄道は当駅が起点駅である。阿佐海岸鉄道は1時間に1本程度運行されており、牟岐線よりも本数が多い。
駅舎。無人駅であり改札口はない。階段を登り高架ホームにダイレクトに入る構造。
ホームは相対式2面2線。左側のホームを阿佐海岸鉄道が、右側のホームを牟岐線が使用する。
阿佐海岸鉄道ホームへは構内踏切を渡る必要がある
当駅ホームからはトンネル構造物のみの「町内トンネル」を望むことができる。このトンネルはかつて山を貫いていたが周囲の宅地開発が進んだ結果山が切り崩された。その結果、トンネル構造物のみが残ったもので、テレビ番組等でも取り上げられている。

—————————————
所在地:徳島県海部郡海陽町
乗入路線
牟岐線 
阿佐海岸鉄道阿佐東線

牟岐線・阿佐海岸鉄道の駅 一覧

牟岐線 
徳島阿波富田二軒屋文化の森地蔵橋中田南小松島阿波赤石立江羽ノ浦西原阿波中島阿南見能林阿波橘桑野新野阿波福井由岐(臨)田井ノ浜木岐北河内日和佐山河内辺川牟岐鯖瀬浅川阿波海南海部

阿佐海岸鉄道阿佐東線
海部宍喰甲浦