備後本庄駅

福塩線の駅、備後本庄の改札画像です。

駅名標。ラインカラーには対応していない。
当駅には、JR西日本管内では珍しく、国鉄様式の駅名標も残る。
駅舎。プレハブ小屋のような駅舎となっている。
駅舎内部。簡易型自動改札機、自動券売機、ベンチと必要最小限の設備である。
ホームは単式1面1線だが、ホーム跡が残りかつて交換可能だったことがうかがえる。
ホーム跡には桜の木が植えられている。

—————————————
所在地:広島県福山市
乗入路線
福塩線

塩町駅

芸備線と福塩線の駅、塩町の改札画像です。

駅名標。当駅は芸備線と福塩線の分岐点である。
福塩線は当駅が終点だが、列車は全列車芸備線の三次駅まで乗り入れる。
駅舎。歴史を感じさせる趣ある駅舎となっている。
改札口。かつての窓口跡が残るが今は無人駅である。改札も券売機も存在しない。
駅舎内は待合室となっている。
かつての窓口内部には卓球台があり、地域住民の集会所になっていると思われる。
ホームは島式1面2線で行き違いが可能となっている。
芸備線と福塩線は当駅の東側で分岐する。(当駅東側の踏切より撮影)

————————————— 
所在地:広島県三次市
乗入路線
芸備線
 福塩線

三次駅

芸備線と三江線の駅、三次の改札画像です。 

○駅名標
当駅には、芸備線、三江線の2路線が乗り入れる。
また、塩町駅から分岐する福塩線の列車も当駅を始発・終着とする。
そのため、当駅は実質的に3路線が乗り入れる中国山地有数の交通の要衝である。三次駅名

 ○駅舎
駅舎は2015年に完成した新しい駅舎となっており、北口側にのみ駅舎がある。南口側へは、改札外にある連絡通路を渡ることで移動できる。三次駅舎

○改札口
自動改札機は導入されていない。ICカード等の利用も不可能となっている。
三次改札

○ホーム
ホームは2面3線となっている。殆どの列車が当駅を始発・終着とする。
三次ホーム

当駅は多数の留置線を有しており、広い駅構内となっている。
三次構内

————————————— 
所在地:広島県三次市
乗入路線
芸備線
福塩線)
三江線

福山駅

バラのまち・福山市の玄関口、福山の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
新幹線
こだま、ひかり(朝晩のみ)、さくらと、一部ののぞみが停車する。

岡山・福山エリアでのラインカラー導入に伴い、
在来線の駅名標はラインカラー入りのものへと取替られた。
当駅では、当駅から放射状に伸びる在来線3方向について、
それぞれ異なるラインカラーが導入されている。 

山陽本線(下り:尾道・糸崎方面)
山陽本線の尾道・糸崎方面は、しまなみ海道の空をイメージした「空色」

 
山陽本線(上り:倉敷・岡山方面)
山陽本線の倉敷・岡山方面は、晴れの国の太陽をイメージした「橙」
 
福塩線
福塩線は、国蝶オオムラサキをイメージした「紫」 

○駅舎
駅ビル「さんすて」が入居する高架駅となっている。
また、バラのまち福山の玄関口らしく、駅前にはバラが植えられている。
なお、当駅の高架は3層構造となっている。1F部分はコンコース・売店・改札がある。
2F部分には在来線ホームがあり、在来線の真上・3F部分に新幹線ホームがある。
福山駅舎

○在来線改札口
当駅は、広島県備後地方の中心都市・福山の玄関口である。
中四国地方では、広島駅・岡山駅に次ぐ利用者数を誇る。

○新幹線乗換改札
当駅は新幹線乗り換え改札のみの設置となっている。
新幹線に乗る際は、一度在来線の改札を通る形となる。

○福山城
当駅は、新幹線駅としては最も城に近い駅である。
新幹線・在来線ホームからは北口側にある福山城を望むことができる。
福山城

—————————————
所在地:広島県福山市
乗入路線
山陽新幹線
  山陽本線
福塩線