横川駅

信越本線の駅、横川の改札画像です。

※2016年9月再取材


○駅名標
当駅は、駅弁「峠の釜めし」と碓氷峠越えで知られる。
現在、当駅は信越本線の終着駅となっている。

以前は当駅から先、軽井沢まで線路が延びていたが、
1997年の北陸新幹線長野開業に伴い廃止された。
なお、当駅ー軽井沢間は66.7‰というJRで最も急な勾配がある難所だった。



○駅舎
終着駅の面影を感じさせる、趣ある木造駅舎。 
○改札口
自動改札が導入されているが、朝夕は駅員がおらず有人通路は開放されている。

○駅構内
かつて軽井沢まで線路が延びていた頃の面影を感じさせる広い構内。
現在は、当駅と高崎とを結ぶ各駅停車が1時間に1〜2本発着するのみである。
横川駅構内

○碓氷峠鉄道文化むら
当駅〜軽井沢間の線路の廃線跡を利用してつくられた文化施設。
碓氷峠の歴史や資料、実物の電気機関車等が多数展示されているほか、
実際に碓氷峠で使用されていたEF63型電気機関車の運転体験ができる。
横川文化村

横川bunkamura

—————————————————

所在地:群馬県安中市

乗入路線

信越本線

全国の「横川駅」リンク

->
広島市にある山陽本線の横川駅

篠ノ井駅

信越線の起点駅、篠ノ井の改札画像です。

※2016年3月再取材

○駅名標
当駅より長野方が信越本線、松本方が篠ノ井線、
軽井沢方がしなの鉄道線である。
篠ノ井駅名

○駅舎
当駅在来線の真横を北陸新幹線の線路が通過しており、
写真で床が茶色くなっている部分は新幹線線路の直上にあたる。
篠ノ井駅舎

○改札口
篠ノ井改札

○雪ん子像
1998年の長野オリンピック開会式で、歌と踊りを披露した雪ん子がモチーフ。
雪ん子に扮した3人の子供が聖火トーチを支える姿を模している。
篠ノ井聖火

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
信越本線
篠ノ井線
しなの鉄道線

越後石山駅

信越線の駅、越後石山の改札画像です。

※2016年3月再取材

○駅名標
越後石山駅名

当駅は新潟方面ホーム(1番線)と新津方面ホーム(2番線)で改札が分かれている。
なお、改札内には跨線橋等はないため、1番線と2番線は改札内での行き来ができない。
1番線と2番線の行き来は、一度改札を出て地下通路を渡る必要がある。

○1番線 新潟方面駅舎(西口)
こちら側の駅舎に駅員がいる。指定席券売機も完備。
越後石山新潟方駅舎

○1番線 新潟方面改札
駅員詰所があり、有人改札が設けられている。
越後石山新潟方改札

○2番線 新津方面駅舎(東口)
券売機、改札機、精算機と必要最小限の設備しかない小さな駅舎。
越後石山長岡駅舎

○2番線 新津方面改札
無人改札。駅員詰所もなし。
駅舎が小さく、改札機のスペースだけで半分ほどを占める。
越後石山長岡方改札

—————————————
所在地:新潟市東区
所属路線
信越本線
( 磐越西線)

全国の「石山駅」リンク
->滋賀県にある琵琶湖線の石山駅