宮内駅

信越本線と上越線の分岐駅、宮内の改札画像です。

駅名標。当駅は新潟の二大幹線である信越線・上越線の分岐駅である。
上越線は当駅が終点であるが、列車は全列車が隣の長岡駅まで乗り入れる。
越乃Shu*Kura駅名標。当駅が古い町並みの残る「摂田屋」の最寄駅のため停車する。
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口。Suicaが利用可能で、IC専用簡易改札機設置。有人駅でありみどりの窓口もある。
当駅が最寄りの「摂田屋」の街並みをモチーフとしたデザインとなっている。
宮内
摂田屋デザインにリニューアルされる前の改札口周り。2011年頃撮影。
当時はSuicaもエリア外であり、IC専用簡易改札機も未設置であった。
改札脇には待合室がある。冷暖房完備で、暑い夏・寒い冬も快適に列車を待つことができる。
ホームは3面5線ある。信越線と上越線の分岐駅ということもあり構内は広い。
当駅構内の線路には、冬季に除雪しやすくするため線路間に水が張られている。
こういった構造は、当駅を含む新潟県中越地区の駅構内の線路で多く見られる。

—————————————————
所在地:新潟県長岡市
乗入路線
信越本線
上越線

 

柏崎駅

鯛茶漬けと水球の街、柏崎の改札画像です。

駅名標。当駅は信越線と越後線の分岐駅であり、越後線は当駅が起点である。
越乃Shu*Kura駅名標
駅舎。当駅はブルボン、鯛茶漬け、水球、原発で知られる柏崎市の玄関口である。
駅舎近影
改札口。Suica対応の自動改札機が3通路設置されている。
なお当駅のSuicaは飛び地導入であり、長岡や直江津等導入駅への乗車のみ使用できる。
隣の東柏崎、茨目、米山駅等、非導入駅への乗車時は切符を購入する必要がある。
駅舎内部、券売機周辺。
駅舎内部、待合室周辺。
ホーム。当駅は信越線における主要駅であるため、駅構内は広くなっている。
越後線専用の0番線ホームは頭端式となっている。

—————————————
所在地:新潟県柏崎市
乗入路線
信越本線
越後線

犀潟駅

信越本線とほくほく線の分岐駅、犀潟の改札画像です。 

信越線駅名標
信越線・ほくほく線駅名標
駅舎、当駅は新潟県内で現存する最古の木造駅舎である。近年外装がリニューアルされた。
改札口。
駅舎内部は待合室となっている。
駅舎内には、片岡鶴太郎氏による犀潟駅の文字が展示されている。
ホーム、2面3線を有する。

————————————————–
所在地:新潟県上越市
乗入路線
信越本線
ほくほく線 

直江津駅

新潟県鉄道発祥の地、直江津の改札画像です。

駅名標、当駅は日本海ひすいラインと妙高はねうまラインの2路線と信越本線、ほくほく線直通列車が乗り入れる。 なお駅名標はえちごトキめき鉄道の様式のみ設置されている。
直江津 駅名表
JR時代の駅名標、谷浜方は北陸本線、春日山方は信越本線であった。
「越乃 Shu*Kura」駅名標
北口駅舎 JRマークが3セク化によってなくなった。なお駅舎は客船「飛鳥」をモデルとしてデザインされており、港のある直江津らしい駅舎となっている。

直江津駅舎
JR時代の北口駅舎
南口駅舎

改札口。当駅は新潟近郊区間の最西端の駅であり、Suica等の交通系ICカードが新潟方面のみ使用が可能である。
改札口周辺。
直江津 改札
JR時代の改札口。
ホーム、3面6線を有する新潟県上越地区最大のターミナルである。 ホーム上屋は木製であり、雪国新潟を演出する大変趣のあるホームとなっている。
1番ホームは、旧北陸本線の折り返しホームであったため、日本海ヒスイライン専用の折り返しホームとなっている。
ホームには旧北陸本線、旧信越本線(山信越)当時の遺構が現在も残る。
ホーム新潟寄りから、ETRの直江津運転センターの車庫や車両が見える。
駅自由通路、上越市管理の「市道直江津駅線」に指定されている。 通称「あすか通り」と名付けられている。
自由通路内には、直江津まちなか水族館がある。 これは「上越市立水族博物館 うみものがたり」の開業にあたり、「水族館のまち 直江津」をPRするためである。
駅南口にはD51の車輪が展示されている。
ここ直江津は佐渡島への玄関口の1つであり、直江津港から佐渡島へと渡ることが出来る。

————————————————–
所在地:新潟県上越市
乗入路線
■ 妙高はねうまライン
■ 日本海ひすいライン
信越本線
(ほくほく線) 

横川駅

信越本線の駅、横川の改札画像です。

※2016年9月再取材


○駅名標
当駅は、駅弁「峠の釜めし」と碓氷峠越えで知られる。
現在、当駅は信越本線の終着駅となっている。

以前は当駅から先、軽井沢まで線路が延びていたが、
1997年の北陸新幹線長野開業に伴い廃止された。
なお、当駅ー軽井沢間は66.7‰というJRで最も急な勾配がある難所だった。



○駅舎
終着駅の面影を感じさせる、趣ある木造駅舎。 
○改札口
自動改札が導入されているが、朝夕は駅員がおらず有人通路は開放されている。

○駅構内
かつて軽井沢まで線路が延びていた頃の面影を感じさせる広い構内。
現在は、当駅と高崎とを結ぶ各駅停車が1時間に1〜2本発着するのみである。
横川駅構内

○碓氷峠鉄道文化むら
当駅〜軽井沢間の線路の廃線跡を利用してつくられた文化施設。
碓氷峠の歴史や資料、実物の電気機関車等が多数展示されているほか、
実際に碓氷峠で使用されていたEF63型電気機関車の運転体験ができる。
横川文化村

横川bunkamura

—————————————————

所在地:群馬県安中市

乗入路線

信越本線

全国の「横川駅」リンク

->
広島市にある山陽本線の横川駅