市振駅

えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅、市振の改札画像です。

駅名標。当駅はえちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道の境界駅である。
当駅は新潟県に位置するためえちごトキめき鉄道が管轄している。
市振駅名
JR時代の駅名標。当駅と隣の越中宮崎駅の間に新潟県と富山県の県境がある。
駅舎、趣のある木造駅舎を有する。
市振駅舎
JR時代の駅舎。現在とあまり変化はない。
駅舎内部。かつての窓口跡は封鎖されていることが分かる。
ホームへの扉付近。当駅は無人駅のため改札はない。自動券売機も未設置。
JR時代の駅舎内部。JR時代は窓口跡は封鎖されていなかったことがわかる。
駅舎内部の待合スペース
駅舎内部には、当駅周辺の古い案内図が飾られている。
島式1面2線のホームを有する
駅舎からホームへは構内踏切を渡る
市振ホーム
JR時代のホーム。現在とあまり変わらない。
市振ホームに電車
JR時代には3両編成の列車が走っていた。なお現在は2両までしか当駅には来ない。
当駅は海に大変近い為、防波フェンスが置かれている
ホームにはかつてのJR時代の面影が残る。
駅構内にはレンガ倉庫があり、大変歴史を感じさせる。

—————————————
所在地:新潟県糸魚川市
所属路線
日本海ひすいライン
あいの風とやま鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください