押上駅

東京スカイツリーのお膝元、押上の改札画像です。

京成押上線・都営浅草線駅名標。京成押上線は当駅が起点駅で、都営浅草線は当駅が終点である。両線は直通運転を行っており、当駅は京成電鉄が管理する共同使用駅である。駅名標も京成仕様となっている。
東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線駅名標。当駅は半蔵門線の終点駅・東武伊勢崎線の起点駅である。両線は直通運転を行っており、当駅は東京メトロが管理する共同使用駅となっている。
駅入り口。当駅は地下駅となっており、改札口やホームは地下にある。当駅は東京スカイツリーのすぐそばに位置しており、副駅名<スカイツリー前>が設定されている。
京成押上線・都営浅草線改札口。改札機は京成仕様となっている。半蔵門線・東武線への乗換えや、東京スカイツリータウンへのアクセスに便利である。
京成押上線・都営浅草線改札口。ホームの西馬込寄りの階段からアクセスする改札。メインの改札口より利用者が少ないため、改札機の台数も少ない。
券売機。京成の券売機と都営の券売機が並べて設置されている。
ホームは2面4線となっている。改札口へ向かう階段は利用者の割りには非常に狭く、混雑しやすい。会社境界駅であるが、当駅始発・終着列車は多くなく、ほとんどの列車が直通運転を行う。
半蔵門線・東武線押上方面改札。東京メトロ管轄のため東京メトロ仕様の改札機が導入されている。京成線・都営浅草線への乗り換えや東京スカイツリータウンへのアクセスに便利な改札口である。
半蔵門線・東武線業平方面改札。東京スカイツリータウンや京成線・都営浅草線へは若干距離があるため、利用者は押上方面改札と比べると少ない。
券売機は、東京メトロのものと東武線のものが並べて設置されている。
東武線の運賃表。埼玉・群馬・栃木方面に広大な路線網を有するだけあり、運賃表はかなりカオスになっている。当駅周辺では、隣の曳舟駅を境に、亀戸方面、浅草方面・押上方面に分かれている。
運賃表を見ると、隣の曳舟駅から浅草方面に1駅行ったとうきょうスカイツリー駅の運賃が運賃表に書かれていないことがわかる。これは、当駅ととうきょうスカイツリーが営業上同一駅扱いであるためである。。
ホームは2面4線となっている。半蔵門線の列車のうち東武線に乗り入れるのは約半分で、残り半分は当駅で折り返しとなる。
当駅を発着する半蔵門線中央林間方面行きの列車は、東武線直通か当駅始発かでホームが変わるため、乗車時には注意したい。当駅の発車標では中央林間方面行きの発車番線の案内を行っている。
東京スカイツリーを訪れる観光客が当駅を多く利用するためか、当駅構内には東京メトログッズを販売する売店が営業しており、外観は銀座線の車両を模したデザインとなっている。
駅構内には「江戸の祭り」と称した壁画が飾られており、活気ある東京の下町らしさを感じることができる。
東京のランドマークの一つである東京スカイツリーは当駅のすぐそばにそびえ立つ。電波塔として日本一高い高さ634mのスカイツリーは、下から見上げるとその高さをより実感できる。隣のビルは東京ソラマチで、東武鉄道の関連会社が運営するショッピングモールである。
東京スカイツリータウンは当駅の地下通路にも入口があり、京成線・都営浅草線・半蔵門線・東武線の各線と直結している。

—————————————————
所在地:東京都墨田区
乗入路線
京成押上線
都営浅草線
東京メトロ半蔵門線
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)

町田駅

横浜線と小田急線の駅、町田の改札画像です。

横浜線駅名標。当駅は小田急線との接続駅である。当駅は東京都に位置するが、隣の古淵駅は神奈川県となる。
小田急線駅名標。当駅は東京都に位置するが隣の相模大野駅は神奈川県となる。当駅は横浜線との連絡駅であり小田急線の主要駅でもある。当駅には快速急行以下の全列車が停車し、特急ロマンスカーも一部列車が停車する。江ノ島線の各駅停車を中心に当駅始発・終着となる列車がある。
JR線駅舎。橋上駅舎となっており、都心でもおなじみの駅ビル「ルミネ」が駅舎に隣接している。当駅周辺は吉祥寺・立川・八王子と並ぶ多摩地区有数の繁華街である。小田急線駅舎へは若干離れており、連絡通路で徒歩5分ほどである。
当駅JR駅舎前に建つモニュメントは当駅周辺の待ち合わせ場所として定着している。またこのモニュメント周辺では路上ライブを行う者がしばしば出没している。
横浜線中央改札口。当駅の利用者数は横浜線東神奈川ー八王子間では最多であり、多摩地区のJR駅では立川、吉祥寺、国分寺に次ぐ第4位。JR東日本全体では30位である。
JRターミナル改札口。ホームの東神奈川方から連絡する無人改札。
横浜線ホームの4番線では、棒状のホームドアが試験運用されている。
小田急線駅舎。小田急百貨店町田店と一体化した構造となっている。JR町田駅とは連絡通路で直結しているが若干離れており、乗り換えには徒歩5分ほどかかる。
小田急線西改札口。西改札口はJR横浜線改札口に最も近いため最も混雑する。当駅の利用者数は小田急線では新宿駅に次ぐ第2位である。JR町田駅と合算した町田駅全体での利用者数は50万人を超え、多摩地区の鉄道駅では最多である。
小田急線東改札口。東改札口も有人となっている。当駅の構造は改札内コンコースを取り囲むようにロの字型に4つの改札口が配置されている構造となっている。
小田急線南改札口。無人改札となっている。
小田急線北改札口。南改札口同様、無人改札となっている。
小田急百貨店改札口。小田急百貨店町田店の3Fに連絡する無人改札で、小田急百貨店町田店の営業時間中利用可能となる。
小田急線ホームは2面4線。当駅では終日、特急・快速急行・急行等と各駅停車の緩急接続が行われる。列車によっては、当駅でロマンスカー、快速急行、急行の3本の列車と接続し、10分近く当駅に停車する各駅停車もある。なお、当駅は傾斜地にあるため駅の北側は地上駅、南側は高架駅となっている。
当駅は小田急百貨店町田店の建物内にホームがある構造となっており、当駅を発車する小田急線の電車は小田急百貨店町田店の建物内から飛び出してくるように見える。
当駅は東京都であるが、当駅周辺のバスターミナルには神奈川中央バスが乗り入れる。町田市は東京都で最も南にあり、神奈川県に食い込むような位置関係となっている。こういった位置関係であるため、町田市は地理的文化的に神奈川県との交流が盛んである。
小田急線の路線図。当駅、玉川学園前、鶴川の3駅が町田市に位置し、柿生ー登戸間と相模大野以西が神奈川県、和泉多摩川以東が東京都である。当駅から小田急線で都心を目指す場合、どのようなルートを取っても必ず神奈川県を経由する必要がある。
横浜線の路線図。当駅、成瀬駅が町田市に位置し、長津田ー東神奈川間、古淵ー橋本間が神奈川県である。当駅から横浜線で都心を目指す場合もまた、どのようなルートを取っても神奈川県を必ず経由する必要がある。
当駅は町田市原町田に立地しており、かつて横浜線の駅は「原町田駅」、小田急線の駅は「新原町田」と名乗っていた。町田市内には原町田駅時代の駅名標が今も展示されている施設がある。
原町田駅時代の木製自立式駅名標。八王子方面の隣駅は「淵野辺」となっており、現在の隣駅である古淵駅は原町田駅時代は未開業であったことがわかる。なお、古淵駅が開業したのは町田駅への改称後はおろか、国鉄からJRへの民営化よりも後の1988年である。
この施設では「まちだのデゴイチ」と称してD51 862号機も保存されているが、D51 862号機は横浜線や小田急線といった町田ゆかりの路線ではなく名古屋を中心とした中央西線や東海道線等で活躍した機関車である。
D51 862号機は現役時代縁もゆかりもなかった町田市でこうして余生を送っているが、風雨に晒されないよう屋根も設けられ大切に保存されている。なお車番プレートは交換されているようである。
D51型蒸気機関車について解説する看板。D51 862号機は1972年の廃車直後からここ町田で保存されていることがわかる。
D51の弁について解説する看板。
D51が動く仕組みについて解説する看板。
当該施設内では、原町田駅の駅名標のほか、お忘れ物表示板や時刻表等の展示がなされている。
かつての横浜線の時刻表。現在の本数と比較すると当時はかなり本数が少なかったことがわかる。
ホーロー製の方面表示と時刻表。ホーロー製の方面表示については、現在も横浜線の一部駅で現役で使用されている。

—————————————
所在地:東京都町田市
乗入路線
横浜線
小田急小田原線

玉川学園前駅

小田急線の駅、玉川学園前の改札画像です。

駅名標。通称「玉学(たまがく)」。駅名の通り当駅は玉川学園の最寄駅であり、噴水のある美しい玉川学園のキャンパスは小田急線の車窓からも見ることができる。
北口駅舎。橋上駅舎となっている。玉川学園へは北口利用が便利。
南口駅舎。南口側には駅ビル「小田急マルシェ玉川学園前」がある。
改札口。当駅は玉川学園の最寄り駅であるため学生の利用が多い。
駅舎内部
ホームは相対式2面2線となっている

—————————————
所在地:東京都町田市
乗入路線
 小田急小田原線

鶴川駅

小田急線の駅、鶴川の改札画像です。

駅名標。2世代前の旧デザイン駅名標が残る。当駅は東京都であるが隣の柿生駅は神奈川県であり、小田急線では和泉多摩川駅以来の東京都にある駅となる。なお、当駅は東京都と神奈川県の都県境付近にあり、小田急線は柿生ー玉川学園前間で都県境を実に5回も横切る。
当駅には「こどもの国下車駅」との案内看板がある。しかしこどもの国の真の最寄駅は東急こどもの国線のこどもの国駅である。当駅からこどもの国へはバス連絡となる。
北口駅舎。北口側には駅ビル「小田急マルシェ鶴川」がある。
北口改札。当駅の利用者数は小田急線の各停のみ停車の駅としては最多である。そのため、改札機の設置台数は比較的多くなっている。
南口駅舎。当駅は地上駅であるため南口からの利便性を考慮し南口も設置されている。
南口側は券売機・改札機のみが設置された簡易的な構造となっている。
南口改札。町田・相模大野方面ホームの町田寄りにある。無人改札となっており係員に用事のある際はインターホンを使用する必要あり。
南口駅舎からは近くの道路まで連絡通路が伸びている。なお、南口を下車して近くにある鶴見川を渡ると速攻神奈川県に入る。
ホームは2面3線。上り線のみ退避線が設けられている。
当駅南側の踏切から見た当駅構内の様子(踏切道の安全な場所より撮影)

—————————————
所在地:東京都町田市
乗入路線
 小田急小田原線

和泉多摩川駅

小田急線の駅、和泉多摩川の改札画像です。

駅名標。当駅は東京都であるが、隣の登戸駅は神奈川県となる。駅名は駅周辺の地名「和泉」と、当駅付近を流れる多摩川に由来する。
駅舎。緑色の三角屋根風のデザインが特徴的な高架駅となっている。
西口改札。有人通路のある当駅におけるメインの改札口。
東口改札。無人改札となっている。係員に用事のある際はインターホンを使用する必要あり。
駅舎内部。広々とした印象を受ける。
高架下には複数の店舗が入居しており、そのうちの1つに小田急グッズショップ「TRAINS」がある。
ホームは相対式2面2線で、中央に通過線が2線ある。
当駅から新宿方面を望む。隣の狛江駅までの距離は1kmを切っており近いため…
狛江駅に停車する列車を当駅ホームから見ることができる。
当駅から町田方面を望む。当駅を出るとすぐに多摩川の橋を渡り神奈川県に入る。こちらも、隣の登戸駅までは1kmを切っており近いので…
登戸駅に停車する列車を当駅ホームから望むことができる。
ホームから見た当駅周辺の街並み。住宅地が広がっている。多摩川が近く、多摩川に架かる橋も見ることができる。

—————————————
所在地:東京都狛江市
乗入路線
 小田急小田原線