谷山駅

指宿枕崎線の駅、谷山の改札画像です。

○駅名標
谷山駅名

○駅舎
2016年3月開業の高架駅舎は、茶色の外観にガラス張りのシンプルなデザインである。
駅舎のデザインはJR九州の車両と同様に水戸岡鋭治氏が担当している。
谷山駅舎

○改札口・駅舎内部
高架駅舎開業と同時に自動改札機が導入された。SUGOCA等のICカード利用可。
谷山改札

柱には煉瓦が使用されている。また、天井には模様が入っていることがわかる。
駅舎の内装は全体的に暖色系の色合いでまとめられており、暖かな印象を与える。
谷山改札周り

谷山駅舎内部

谷山改札内コンコース

○ホーム
1面2線の島式ホームを有する。ホーム屋根には木材が使用されている。
ガラス張りであるためホームまで光が届き、明るい空間となっている。
谷山ホーム

谷山ホーム 

○鹿児島市電谷山電停
JR谷山駅から直線距離で500mほど離れており、移動に徒歩10分弱かかる。
谷山電停

当電停には鹿児島市電1系統のみが乗り入れる。
工学部前・神田・中央駅前方面へは途中郡元電停で乗り換える必要がある。
谷山電停内部

当電停は路面電車の電停としては日本最南端に位置している。
電停前には、そのことを示す碑が建てられている。
谷山最南端

—————————————
所在地:鹿児島県鹿児島市
乗入路線
指宿枕崎線
鹿児島市電1系統

鹿児島中央駅

九州南部最大の駅、鹿児島中央の改札画像です。

○駅名標
当駅は九州新幹線の終着駅であり、全国に広がる新幹線網の南側の終点でもある。
中央新幹線駅名

当駅には鹿児島本線・日豊本線・指宿枕崎線の在来線3路線が乗り入れる。
駅名標には鹿児島のシンボル・西郷どんと桜島のイラストが描かれている。
中央在来線駅名

○駅舎
当駅は人口60万を擁する九州第4の都市・鹿児島市の玄関口である。
駅ビル・アミュプラザには観覧車があり、鹿児島のランドマークとなっている。
中央駅舎

○在来線改札口
当駅は、JR九州では博多駅・小倉駅に次ぐ利用者数を誇る。
中央在来線

○新幹線改札口
中央新幹線

○新幹線乗り換え改札口
乗り換え改札機にIC読み取り部は付いていないため、
在来線にICカードで乗車する場合は在来線改札に回る必要がある。
中央乗り換え改札

○日本最南端の新幹線駅
当駅は日本の新幹線駅では最南端に位置しており、新幹線ネットワークの終点である。
最北端の新幹線駅である北海道・新函館北斗駅からの距離は実に2326.3kmにも及ぶ。
中央新幹線終点

○鹿児島市電鹿児島中央駅前電停
当駅前に鹿児島市電の鹿児島中央駅前電停がある。
当電停には郡元、工学部前、神田、天文館通を経由する2系統のみが乗り入れる。
中央市電乗り場

鹿児島市電の軌道敷が芝生により緑化されていることがわかる。
中央市電ホーム

—————————————
所在地:鹿児島県鹿児島市
乗入路線
九州新幹線
鹿児島本線
日豊本線)
指宿枕崎線
鹿児島市電2系統

鹿児島駅

鹿児島本線・日豊本線の駅、鹿児島の改札画像です。

○駅名標
駅名標には鹿児島のシンボル・桜島と桜島大根のイラストが入っている。
鹿児島駅名

○駅舎
鹿児島の市名・県名を冠しているが、鹿児島の代表駅は隣の鹿児島中央駅である。
鹿児島駅舎

○改札口
IC専用簡易改札機は設置されているが、自動改札機は導入されていない。
鹿児島改札

○ホーム
当駅は鹿児島本線・日豊本線双方の終点であるが、
実質的には隣の鹿児島中央駅がターミナルとして機能している。
そのため、当駅は日豊本線の中間駅であるかのような扱いとなっている。
鹿児島ホーム

博多、熊本など九州西側を経由する鹿児島本線のキロポスト。門司港から400kmを示す。
鹿児島鹿児島kp

大分・宮崎等東九州を経由する日豊本線のキロポスト。小倉から462kmを示す。
鹿児島日豊kp

○鹿児島市電鹿児島駅前電停
当駅駅前に鹿児島市電の鹿児島駅前電停がある。
天文館通、騎射場、郡元を経由し谷山に至る1系統と、
天文館通、中央駅前、工学部前を経由し郡元に至る2系統が発着する。
鹿児島市電

当駅周辺の鹿児島市電の軌道敷は芝生により緑化されている。
鹿児島軌道

—————————————
所在地:鹿児島県鹿児島市
乗入路線
鹿児島本線
日豊本線
鹿児島市電1系統
鹿児島市電2系統