鶴丸駅

吉都線の駅、鶴丸の改札画像です。 

駅名標。当駅は吉都線内では吉松駅と並んでただ2つ鹿児島県内にある駅である。
駅入口。駅舎のない無人駅となっており、ホームにダイレクトに入る構造である。
ホーム側から駅入口を望む
ホーム上の待合スペース
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

————————————— 
所在地:鹿児島県姶良郡湧水町
乗入路線
吉都線(えびの高原線)

吉松駅

肥薩線と吉都線の分岐駅、吉松の改札画像です。 

駅名標。当駅は肥薩線と吉都線の接続駅。吉都線は当駅起点で都城に至る。
なお、かつて肥薩線は鹿児島本線、吉都線は日豊本線であり、当駅は九州の2大幹線が接続する交通の要衝であった。
駅舎。鉄筋コンクリート造りの駅舎である。
改札口。有人駅であり窓口で乗車券の購入が可能。
駅舎内の待合室には肥薩線の歴史が記されたパネルがあるほか、4畳半の畳敷の待合スペースがある。また、なぜかピアノも置かれている。
ホームは2面4線。このうち旅客列車が使用するのは3線であり、1線は留置線として使用される。
駅構内は広くなっている。これはかつて当駅に吉松機関区が置かれていた名残。
かつて肥薩線が鹿児島本線、吉都線が日豊本線であった時代、当駅は福岡・熊本、鹿児島、宮崎の3方向から集まる交通の要衝として発展したという。
現在の当駅は肥薩線と吉都線というローカル線2線の接続駅に過ぎず、無論かつてのような広大な機関区は必要なくなり廃止された。当駅周辺に広がる広大な空き地はかつての繁栄を物語る生き証人である。
ホームの立ち入り禁止箇所にはしれっとホーロー製の縦型駅名標が残る。画像はホームの立ち入り可能箇所からズームで撮影している。
また跨線橋には国鉄スタイルの出口表示も残る。
当駅は観光列車「はやとの風」「いさぶろう・しんぺい」が発着する。そのため改札口付近には顔はめパネルが置かれている。横にはJR九州管内でおなじみの「駅長」の立て看板もある。
当駅駅前にはSL「C55型」や腕木式信号機等が保存されている。
その傍らには観光SL会館「ぽっぽ亭」があり、お土産や弁当の購入・食事を行うことが可能。
また鉄道の資料館なる建物もあり…
管内には肥薩線・吉都線に関する展示がなされている。
かつての制服や実物の発条転轍器が展示されているほか…
タブレット装置等も置かれている。
肥薩線は当駅ー人吉間の急勾配区間が最も建設が遅れ、この区間の完成に伴い門司ー鹿児島間が結ばれた。これを記念し当駅前には「肥薩鐵道開通記念碑」が機関車の動輪とともに置かれた。現在ではその横に吉松駅開設100周年、吉都線全通100周年を記念する碑も並んで置かれている。

————————————— 
所在地:鹿児島県姶良郡湧水町
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)
吉都線(えびの高原線)

栗野駅

肥薩線の駅、栗野の改札画像です。 

駅名標、かつては当駅から肥薩おれんじ鉄道の水俣駅まで国鉄山野線があったが廃線となっている。
駅舎。地平駅舎となっている
改札口。窓口があり乗車券の購入が可能となっている。
駅舎内は栗太郎館と呼ばれる地元・湧水町の特産品売り場となっている。
改札内・ホームには鐘が置かれている。
ホームは島式1面2線。かつて当駅から山野線が発着しており駅舎側のホームを使用していた。
ここ湧水町は西郷隆盛氏ゆかりの地であるとのことでその旨が示された看板がある。

————————————— 
所在地:鹿児島県姶良郡湧水町
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)

大隅横川駅

肥薩線の駅、大隅横川の改札画像です。 

駅名標
国鉄仕様っぽいデザインの駅名標も設置されている。
手書きと思われるホーロー製縦型駅名標も残る
木製の縦型駅名標も設置されている
駅舎。1903年の開業当時からの荘厳な木造駅舎が残存しており、国の登録有形文化財に指定されている。駅舎前には丸ポストが置かれておりこれもまた趣深さを演出する。
改札口跡。現在は無人駅となっているが、かつてのラッチ跡が現在も残っている。
窓口跡。かつて窓口だった場所には駅スタンプ等が置かれている。
窓口跡上部には当駅駅舎が登録有形文化財に指定されている旨が書かれた木製の看板が掲げられている。
駅舎内部。肥薩線を走るSLの様子や当駅の駅舎が描かれた絵画が展示されている。
駅舎内部から駅舎出口を望む。出口付近には地元・霧島市横川町の成人式の写真が飾られている。横川町の新成人は毎年当駅駅舎前で集合写真を撮るようである。
駅舎内には当駅駅舎のミニチュア模型が展示されている。
窓口跡内部。机等が多数置かれている。(ガラス越しに撮影)
ホーム上の駅舎軒下の様子。骨組みやラッチ跡が歴史を感じさせ大変趣深い。5月にはこいのぼりも吊るされ郷愁を感じさせる。
ホーム柱には手書きと思われる方面表示が残る
また駅舎の柱には第二次大戦中の機銃掃射によって弾が貫通した跡が残る。当駅駅舎の長い歴史を物語る何よりの生き証人である。
ホームから見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線。かつては2面3線であったと思われるが現在中線は撤去されている
隼人・鹿児島中央方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。奥に見える橋は九州自動車道。当駅付近には横川ICが設置されている。
九州を南北に結ぶ高速交通網のうち、九州新幹線は鹿児島本線沿いに建設されたのに対し、九州道は肥薩線沿いを通っている。
ホーム上にも歴史を感じさせる雰囲気のベンチがある
当駅の駅前にはSLの動輪が置かれている。当駅が所属する肥薩線はかつて鹿児島本線の一部であった歴史と由緒正しい魅力ある路線である。

————————————— 
所在地:鹿児島県霧島市
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)

嘉例川駅

100年の木造駅舎を有する肥薩線の駅、嘉例川の改札画像です。 

嘉例川駅名
駅名標、赤字で書かれた部分が消えかけている。
嘉例川駅舎
当駅の駅舎は築100年を超えた木造駅舎であり、重要文化財に指定されている。山間に位置する歴史ある木造駅舎は周囲の風景とマッチしており、大変趣深い。
嘉例川改札
改札口跡は残っているが、完全な無人駅となっており、券売機も設置されていない。

嘉例川ホーム
ホームは単線1面1線のホームとなっている。駅舎反対側にはホーム跡、線路跡と思われるものが残っており、以前は2面2線で運用されていたものと思われる。
嘉例川ホーム駅舎下
駅舎軒下部分を見た様子。100年以上前の建築当時のまま残されており、100年前にタイムスリップしたような気分になる。

————————————— 
所在地:鹿児島県霧島市
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)