十二橋駅

鹿島線の駅、十二橋の改札画像です。

駅名標。4ヶ国語対応となっている。当駅は利根川より北だが千葉県に位置する。
駅舎。高架駅となっている。
ホーム上に待合室がある。無人駅であり改札は存在しない。
また鹿島線ではSuica等の交通系ICは一切利用できないので注意したい。
待合室内部
待合室内部。ベンチとゴミ箱が置かれるのみである。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可。
ホームから佐原方面を望む
駅周辺は広大な田園風景が広がり、人家は見当たらない。
当駅の名所案内。最も近いもので3km、徒歩40分離れている。

—————————————
所在地:千葉県香取市
乗入路線
鹿島線

下総松崎駅

成田線の駅、下総松崎の改札画像です。

駅名標。4ヶ国語表記対応となっている。
趣ある国鉄時代の駅名標も残る。
駅舎。緑色の瓦屋根が特徴的な趣ある木造駅舎である。
ホームから見た駅舎の様子
改札口。9:20〜18:00のみ窓口が営業し、それ以外の時間は無人となる。
自動券売機は設置されているが、窓口営業時間外は画像の通り使用不可となる。
駅舎内の待合スペース
ホームは相対式2面2線で行違い可能。
跨線橋から見たホームの様子

—————————————
所在地:千葉県成田市
乗入路線
成田線(我孫子支線)

成田湯川駅

成田スカイアクセスの駅、成田湯川の改札画像です。

駅名標。当駅は成田スカイアクセス線の新規開業区間としては唯一の中間駅である。
成田スカイアクセスは北総線を経由するため、当駅は京成管轄の駅でありながら、
成田や津田沼、船橋といった京成本線の駅へ電車では直接向かうことができない。
また、運賃も北総線仕様となっており、京成の通常運賃と比べ非常に高額である。
駅舎。高架駅となっている。
改札前の駅名表示は「京成電鉄」成田湯川駅となっており、京成の駅であることがわかる。
改札口。当駅は約40分おきにアクセス特急が停車するのみである。
また、都心へは北総線経由となるため運賃が非常に高額である。
そのため、利用者は多くなく、改札機の台数も少ない。
改札内コンコース。京成電鉄という大手私鉄の駅かつ、首都圏の駅でありながら、
地方の小規模な新幹線駅のような趣を感じさせる。
改札は1F、ホームは3Fのため2Fにもコンコースがある。
非常に高い位置に線路が通っていることがわかる。
ホーム。相対式2面2線で中央に通過線が2線通る。当駅に停車する列車は側線に入る。
通過線は京成スカイライナーは在来線国内最速の時速160km/hで通過する。
かつてはほくほく線特急「はくたか」も時速160km/h運転を行っていたが、
北陸新幹線開業に伴い廃止された現在、スカイライナーが国内唯一である。
駅周辺。ロータリーの奥は新興住宅地となっている。商店や飲食店等は見当たらない。
当駅ホームの真下をJR成田線(我孫子支線)が通過しているが、成田線側に駅はない。

—————————————
所在地:千葉県成田市
乗入路線
■ 京成成田空港線(成田スカイアクセス線)      

久住駅

成田線の駅、久住の改札画像です。

駅名標。レトロ風の成田線オリジナルデザインで、ポピーのイラスト入り。
駅舎
ホーム側から見た駅舎
駅舎内部は待合室となっており、IC専用簡易改札機設置。自動券売機は未設置。
ホームは相対式2面2線で交換可能。

—————————————
所在地:千葉県成田市
乗入路線
成田線

滑河駅

成田線の駅、滑河の改札画像です。

駅名標。レトロ風の成田線オリジナルデザインで、金魚草のイラスト入り。
駅舎。比較的新しい地平駅舎である。
改札口。有人駅であり、乗車券の購入が可能。IC専用簡易改札機設置。
ホームは相対式2面2線で行違い可能。

—————————————
所在地:千葉県成田市
乗入路線
成田線