熊本駅

九州新幹線・鹿児島本線・豊肥本線の駅、熊本の改札画像です。 

九州新幹線駅名標。当駅には九州新幹線の全列車が停車する。また、つばめ号の大多数が当駅を始発・終着とする。
在来線駅名標。熊本市のシンボルである熊本城のイラストが入っている。当駅には鹿児島本線・豊肥本線のほか、宇土駅から分岐する三角線の列車も乗り入れる。
白川口(東口)駅舎。2019年に完成した新しい高架駅舎は、熊本城の武者返しをモチーフとしたデザインとなっている。
白川口(東口)旧駅舎。西洋風のデザインがお洒落な駅舎であったが、当駅の高架化に伴い2018年に解体された。
新幹線口駅舎。ガラス張りのデザインが特徴で、ホームに停車する新幹線が見える。
在来線改札。当駅はJR九州の駅としては第7位の利用者数である。
新幹線改札
新幹線乗換改札
在来線ホームは2018年3月17日に全面高架化された。ホームは2面4線+切欠2線の2面6線となっている。
安藤忠雄氏がデザインした新しい高架ホームは、木材を多用した木の温かみを感じられるデザインとなっている。
新幹線ホームは2面4線であり、当駅折り返し列車にも対応する。駅舎がガラス張りのデザインとなっているため、自然光が入り明るい空間となっている。
九州新幹線開業PRキャラとして誕生し、今や世界的知名度を誇る熊本県の顔・くまモン。当駅構内においても、熊本を訪れた人々を出迎えてくれる。
路面電車乗り場。当駅は熊本市の中心部からは若干離れており、通町筋等、熊本市中心部へは路面電車でアクセスする必要がある。
—————————————
所在地:熊本市西区
乗入路線
九州新幹線
鹿児島本線
三角線)

豊肥本線

阿蘇駅

豊肥本線の駅、阿蘇の改札画像です。

○駅舎
趣ある雰囲気の、黒い木造駅舎となっている。
当駅には国道57号の「道の駅阿蘇」が隣接している。
阿蘇駅舎


駅前には阿蘇の名産である「あか牛」のモニュメントが設置されている。
阿蘇あか牛

○改札口
有人改札となっている。SUGOCA等の交通系ICは使用不可。
阿蘇改札

————————————— 
所在地:熊本県阿蘇市
乗入路線
■ 豊肥本線

大分駅

日豊本線、久大本線、豊肥本線の駅、大分の改札画像です。

駅名標。当駅は大分県の県庁所在地・大分市の代表駅であり、日豊本線、久大本線、豊肥本線の3路線が乗り入れる。
北口駅舎。当駅は2012年春に全面高架化された高架駅となっており、市街地中心部に近い北口側の駅舎は駅ビル「JRおおいたシティ」となっている。
南口駅舎。高架下には商業施設「豊後にわさき市場」が入居している。
改札口。SUGOCA等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。
ホームは4面8線となっている。7番・8番のりばは非電化の久大本線・豊肥本線の列車のみが使用するため架線が張られていない。
ホームの様子

————————————— 
所在地:大分県大分市
乗入路線
日豊本線
久大本線
■ 豊肥本線