南郷駅

日南線の駅、南郷の改札画像です。 

駅名標。特急海幸・山幸をはじめとした日南線の一部列車は当駅を始発・終着とする。
駅舎。ベージュ色の外観が特徴的で、駅周辺の木々が南国情緒を感じさせる。
改札口
ホーム側から見た改札口の様子。
駅舎内部。南郷町観光協会委託の窓口があり乗車券の購入が可能である。改札口わきにはマンゴー駅と書かれた写真撮影コーナーが設けられている。
駅舎内部の待合スペース
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。1日数本ある当駅始発・終着列車は当駅に留置できないため、油津駅まで回送されているようである。
ホーム上にも待合スペースがある。

————————————— 
所在地:宮崎県日南市
乗入路線
日南線

谷之口駅

日南線の駅、谷之口の改札画像です。 

駅名標。谷之口神楽のイラスト入りである。
駅入口。駅舎のない無人駅であり、ホームにはダイレクトに入ることができる。駅入口横にはソテツがあり南国情緒がある。
ホーム全景。ホームに入るには構内踏切を渡る必要がある
ホームは単式1面1線で行き違い不可。ホーム上に小さな待合室がある。
待合室の様子。ベンチと時刻表が設けられている。

————————————— 
所在地:宮崎県日南市
乗入路線
日南線

榎原駅

日南線の駅、榎原の改札画像です。 

駅名標。「榎原」と書いて「よわら」と読む難読駅名である。駅名標にイラストは入っていない。
当駅には国鉄時代から残るものと思われる駅名標が残る。隣駅表示は本来「ひゅうがおおつか」であるところが「ひゆぅがおおつか」となっている。
ホームに設置された名所案内は趣ある雰囲気が漂う
駅舎。三角屋根が特徴的な木造駅舎の横にはソテツが植えられており、レトロ感と南国情緒が漂う。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
ホーム側から見た改札口後の様子。かつてのラッチ跡が残り、集札箱が置かれている。国鉄駅名標は改札口跡の横にある。
改札口跡付近には「おつかれさまでした」と書かれた木製の手書き看板が取り付けられている
駅舎内部の待合スペース。木製のベンチが趣を感じさせる。
駅舎内部の掲示板には「ひなもりよわら」というオリジナルキャラクターのポスターが貼られている。
駅舎内部。かつて窓口があったと思われる箇所は板で塞がれている。
当駅には駅ノートが設置されており、駅ノートにも「ひなもりよわら」が描かれている。
ホームから見た駅舎の様子。駅舎はホームより高い位置にあり、ホームには階段またはスロープを下りる必要がある。
駅舎からホームに伸びるスロープ。車椅子が通れるかどうかは不明である。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である
逆サイドからホームを望む。駅舎横のソテツが南国情緒を漂わせる
串間・志布志方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ワンマン列車用のミラーの下には「出発要求」と書かれた看板がある

————————————— 
所在地:宮崎県日南市
乗入路線
日南線

日向大束駅

日南線の駅、日向大束の改札画像です。 

駅名標。赤池渓谷のイラストが入る。
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な木造駅舎である。
改札口跡。現在は無人駅となっている。
ホーム側から見た改札口跡の様子。かつてのラッチ跡が残る。
駅舎に取り付けられた駅名標は文字が剥がれかけてボロボロになっている。
駅舎には「日向大束建名一号本屋」と書かれた木製のプレートが取り付けられている。
駅舎内部。かつて窓口があったと思われる箇所は板で塞がれている。
駅舎内部の待合スペース。木製の白いベンチが置かれている。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
油津・宮崎方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
当駅構内にホーロー看板はないが、駅前にはホーロー看板がついた店がある。

————————————— 
所在地:宮崎県串間市
乗入路線
日南線

日向北方駅

日南線の駅、日向北方の改札画像です。 

駅名標。当駅が最寄りの串間神社のイラストが入る。
駅舎。小ぢんまりとした駅舎は駅前広場より高い位置にあり、階段を登る必要がある。
駅入口の様子。無人駅となっている。
駅舎内部の待合スペース
ホーム側から見た駅舎内部全景
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

————————————— 
所在地:宮崎県串間市
乗入路線
日南線