新山口駅

山陽新幹線の駅、新山口の改札画像です。

○駅名標
当駅には、山陽新幹線と山陽本線、山口線、宇部線が乗り入れる。
4方向に線路が伸びる県下最大のターミナル駅かつ県庁所在地山口市への玄関口である。
なお、山口市中心部に最も近いのは山口線の山口駅である。

山陽新幹線新山口新幹線駅名

山陽本線新山口山陽駅名

山口線
新山口山口駅名

宇部線
新山口宇部駅名

山口線ホームに設置されている「小郡駅」時代の駅名標。
当駅は2003年に現在の駅名に改称されるまでは小郡駅という名前だった。
当時は山口県小郡町にあり、東海道・山陽新幹線で唯一町にある新幹線駅であった。
現在は、小郡町は合併して山口市となり消滅している。
新山口旧駅名

○駅舎
新山口駅舎

 ○在来線改札口
自動改札機は設置されておらず、ICOCA、SUGOCA等のICカードも使用できない。
新山口在来改札

 ○新幹線改札口
新山口新幹線改札

○新幹線乗換改札
新山口乗換改札

○新幹線ホーム
新山口新幹線構内

○在来線駅構内
新山口駅構内

○自由通路
新山口自由通路

新山口 自由通路

新山口自由通路

—————————————
所在地:山口県山口市
乗入路線
山陽新幹線
山陽本線
山口線
宇部線

益田駅

山陰本線と山口線の分岐駅、益田の改札画像です。

駅名標。当駅は山陰本線と山口線の接続駅であり、山口線は当駅が終着駅である。当駅以東の山陰本線は米子支社の管轄、当駅以西の山陰本線と山口線は広島支社の管轄となる。米子支社管内の山陰本線に路線記号とラインカラーが導入されているため、当駅の駅名標はラインカラー対応となっている。
電照式駅名標は、以前設置されていた青色帯の駅名標の帯の部分のみ交換したものである。当駅は山陰本線における主要駅であり、山陰本線と山口線を直通する特急スーパーおき号を除くすべての列車が当駅始発・終着となる。
ラインカラー導入前はJR西日本標準デザインである青帯の駅名標が設置されていた。当駅以東の山陰本線が山陰地域の大動脈として特急列車・快速列車等が多数運転されているのに対し、当駅以西の区間は普通列車のみが運行されるローカル線となっており、輸送密度も低くなっている。
駅舎。国鉄時代より使用されている鉄筋コンクリート造りの駅舎となっている。
駅舎に取り付けられた立体文字の1種駅名標からは国鉄の趣が感じられる。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。但し、係員が不在の時間帯は無人駅同様の扱いとなる。
当駅にはみどりの窓口があるほか、みどりの券売機、自動券売機が設置されている。
駅舎内部は待合室となっている
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
当駅の跨線橋は木造の趣ある造りとなっている。
また、当駅のホーム上屋も古レールを使用した風情ある雰囲気のものとなっている。
当駅ではほとんどの列車が当駅始発・終着駅となるためか、留置線が複数設けられており、車両が留置される様子がしばしば見られる。JR東日本・東海管内では引退したキハ40系が現役バリバリで留置される姿を見ることができる。
当駅が立地する益田市は柿本人麿の生誕地として知られ、駅構内には人麿公像や歌集が置かれている。

—————————————
所在地:島根県益田市
乗入路線
山陰本線
山口線

山口線の駅 一覧

山口線
新山口 – 周防下郷 – 上郷 – 仁保津 – 大歳 – 矢原 – 湯田温泉 – 山口 – 上山口 – 宮野 – 仁保 – 篠目 – 長門峡 – 渡川 – 三谷 – 名草 – 地福 – 鍋倉 – 徳佐 – 船平山 – 津和野 – 青野山 – 日原 – 青原 – 東青原 – 石見横田 – 本俣賀 – 益田