新山口駅

山陽新幹線の駅、新山口の改札画像です。 

山陽新幹線駅名標。当駅には山陽新幹線・山陽本線・宇部線・山口線の4路線が乗り入れ、県庁所在地・山口市への玄関口である。当駅にはさくら号・こだま号のほか、一部ののぞみ号・みずほ号も停車する。
山陽本線駅名標。当駅は山陽本線における主要駅の1つであり、当駅始発・終着となる列車が存在する。
宇部線駅名標。宇部線は新山口駅と宇部駅を結ぶ路線で当駅が起点である。宇部線が周防灘に沿うように走るのに対し、山陽本線は内陸部を短絡するように走っているため、当駅から宇部駅へ向かう場合は山陽本線経由の方が所要時間も距離も短い。
山口線駅名標。当駅が起点駅である山口線は山陽と山陰を結ぶ陰陽連絡線でもあり、特急列車も運行されている。なお、県庁所在地最寄駅である山口駅は山口線沿線にある。
山口線ホーム上には右書きのレトロ風デザインの駅名標があり、これはSLやまぐち号の停車駅に設置されているものである。駅名標は旧駅名である小郡駅のものとなっている。
北口駅舎。近年駅舎の橋上化が行われ、橋上駅舎が整備された。
北口側の自由通路入口付近の様子。間接照明が多用された洗練された雰囲気となっている。
在来線改札口。自動改札機は設置されておらず、ICOCA・SUGOCA等の交通系ICは使用できない。JR西日本管内では近年ICOCAの導入エリアの拡大が進んでいるが、山口県内での導入駅は下関駅と岩国エリアの一部駅にとどまる。
在来線駅舎橋上化に伴い整備された自由通路は、北口駅舎同様明るく洗練された空間となっている。
在来線ホームは5面8線となっており、北から順に山口線が2面2線、山陽本線が2面2線、宇部線が1面1線を使用する。
宇部線ホームから見た当駅構内の様子。全ての路線において当駅始発・終着列車が存在し、新幹線も停車する山口県内の交通の要衝の1つである。
南口駅舎。新幹線駅は南口側に存在し、高架駅となっている。
新幹線改札口
新幹線乗換改札
新幹線ホームは相対式2面2線であり、中央に通過線が2線ある構造である。

—————————————
所在地:山口県山口市
乗入路線
山陽新幹線
山陽本線
山口線
宇部線

津和野駅

山陰の小京都、津和野の改札画像です。

駅名標。当駅は森鷗外の故郷として知られる山陰の小京都「津和野」の玄関口である。当駅は山口線の主要駅の1つであり、特急スーパーおき号は全列車が停車するほか、当駅始発・終着の普通列車も存在する。当駅は島根県であるが、隣の船平山駅は山口県となる。
SLやまぐち号停車駅に設置されているレトロデザインの駅名標。当駅はSLやまぐち号の終着駅である。なお、当駅はSLやまぐち号の走行区間では唯一島根県に位置する駅である。
駅舎。赤い屋根が特徴的な、横に長い駅舎となっている。
駅舎の外壁にはツルのイラストが入っている。
当駅の1種駅名標は立体文字となっている。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
2015年5月頃撮影の改札口。当時は国鉄電照式のみどりの窓口看板が設置されていたことがわかる。なお、この看板は残念ながら現在は撤去されてしまった。
改札窓口付近にある「案内所」の文字からは国鉄っぽい趣が感じられる。
また、改札口付近には精算所の表記もあり、こちらも国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機も設置されている。
自動券売機付近には、往復きっぷを窓口で購入するよう書かれた手書き看板がある。
また、新幹線特急券と山口線特急券の乗継割引について案内する手書き看板も設置されている。
駅舎内部は待合室が設けられており、デザインは津和野の街並みをモチーフとしたものとなっている。
待合室内部には待合スペースのほか、売店・立ち食いうどん店が設けられている。
駅舎からホームへは跨線橋を渡って連絡する。跨線橋へ向かう通路上にはベンチと転てつ機が置かれている。
跨線橋から改札口付近を望む
跨線橋付近には国鉄電照式の出口看板が残っている。
ホームは島式1面2線となっており、列車の折り返しが可能である。ホーム上屋は木造の風情あるものとなっている。
当駅のホーム上に設置されている番線標は国鉄電照式となっている。
3番のりばの番線標も電照式である。
駅構内には側線が複数あり、比較的広い敷地を有している。
当駅はSLやまぐち号の終着駅であることから、駅構内には転車台が設けられている。SLやまぐち号運転時は当駅での折り返し時間中にこの転車台を用いて機関車の方向転換が行われる。
当駅構内には多数のもじ鉄案件が存在する。改札外には駅長事務室の国鉄電照式看板が残っている。
また、観光のまち・津和野の最寄駅ということもあり、コインロッカーの案内看板も設置されているが、これも国鉄電照式看板である。
当駅ホームと改札外とを区切る柵の付近には、関係者以外立入禁止の国鉄看板が設置されている。国鉄フォントと丸刈り坊主のイラスト、適度な錆び具合が趣を感じさせる。
当駅駅前にはD51 194号機が保存されている。屋外展示であり雨晒しとなるが状態は良好であり、恐らく丁寧な整備がなされているものと思われる。

—————————————
所在地:島根県鹿足郡津和野町
乗入路線
山口線

益田駅

山陰本線と山口線の分岐駅、益田の改札画像です。

駅名標。当駅は山陰本線と山口線の接続駅であり、山口線は当駅が終着駅である。当駅以東の山陰本線は米子支社の管轄、当駅以西の山陰本線と山口線は広島支社の管轄となる。米子支社管内の山陰本線に路線記号とラインカラーが導入されているため、当駅の駅名標はラインカラー対応となっている。
電照式駅名標は、以前設置されていた青色帯の駅名標の帯の部分のみ交換したものである。当駅は山陰本線における主要駅であり、山陰本線と山口線を直通する特急スーパーおき号を除くすべての列車が当駅始発・終着となる。
ラインカラー導入前はJR西日本標準デザインである青帯の駅名標が設置されていた。当駅以東の山陰本線が山陰地域の大動脈として特急列車・快速列車等が多数運転されているのに対し、当駅以西の区間は普通列車のみが運行されるローカル線となっており、輸送密度も低くなっている。
駅舎。国鉄時代より使用されている鉄筋コンクリート造りの駅舎となっている。
駅舎に取り付けられた立体文字の1種駅名標からは国鉄の趣が感じられる。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。但し、係員が不在の時間帯は無人駅同様の扱いとなる。
当駅にはみどりの窓口があるほか、みどりの券売機、自動券売機が設置されている。
駅舎内部は待合室となっている
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
当駅の跨線橋は木造の趣ある造りとなっている。
また、当駅のホーム上屋も古レールを使用した風情ある雰囲気のものとなっている。
当駅ではほとんどの列車が当駅始発・終着駅となるためか、留置線が複数設けられており、車両が留置される様子がしばしば見られる。JR東日本・東海管内では引退したキハ40系が現役バリバリで留置される姿を見ることができる。
当駅が立地する益田市は柿本人麿の生誕地として知られ、駅構内には人麿公像や歌集が置かれている。

—————————————
所在地:島根県益田市
乗入路線
山陰本線
山口線

山口線の駅 一覧

山口線
新山口 – 周防下郷 – 上郷 – 仁保津 – 大歳 – 矢原 – 湯田温泉 – 山口 – 上山口 – 宮野 – 仁保 – 篠目 – 長門峡 – 渡川 – 三谷 – 名草 – 地福 – 鍋倉 – 徳佐 – 船平山 – 津和野 – 青野山 – 日原 – 青原 – 東青原 – 石見横田 – 本俣賀 – 益田