朝菜町駅

富山地方鉄道上滝線の駅、朝菜町の改札画像です。

駅名標。当駅から上滝線区間となる。
駅番号導入前の駅名標
駅入口。住宅街の中にある為少々場所が分かりにくい。また入口には駅と示すものは何もない。
ホーム上には待合室がある。
2018年ごろの待合室は「朝菜町駅」の文字が消えかけていた。
待合室内部。ベンチが設けられている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違いは不可。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
上滝線

南富山駅

富山地方鉄道不二越線・上滝線の境界駅、南富山の改札画像です。

駅名標。当駅は富山地鉄不二越線と上滝線の境界駅である。稲荷町ー当駅間が不二越線、当駅ー岩峅寺間が上滝線である。しかしながら列車は全列車が両線を直通しており、両線は「不二越・上滝線」として一体化した路線として扱われる。
当駅には他駅にはない駅番号対応の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。レトロな雰囲気が漂う。駅舎は富山地方鉄道の研修センターも兼ねている。
駅前には市内電車の電停がある。
改札口。IC専用の自動改札機が設置されている。列車別改札であり列車が来ない時間帯は封鎖される。
改札口周辺。有人窓口があり自動券売機も設置されている
駅舎内部。待合スペースになっている。
改札口から不二越・上滝線ホームへは構内踏切を渡る必要がある
不二越・上滝線ホーム入口。階段とスロープが両方設置されている
不二越・上滝線ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能
市内電車乗り場。当駅から富山駅に向かう場合は、料金面・運行本数面で市内電車が優位である。なお所要時間面では不二越線が優位である。
当駅は、不二越・上滝線と駅舎の間を市内電車の引込み線が通っており…
引き込み線は当駅構内に設けられた市内電車の車庫に通じている。
当駅前の商店街の屋根部分をよく見ると…
北陸新幹線W7系車両のイラストが描かれている。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線
上滝線
富山市内軌道線

大泉駅

富山地方鉄道不二越線の駅、大泉の改札画像です。

駅名標。大泉洋とは関係がない。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。レトロな雰囲気が漂う駅舎はホームの端にあり、細長い構造となっている。
改札跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。かつての改札ラッチ跡が残る。
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
電鉄富山方よりホームを撮影。
ホームに設置されているベンチには明治チョコレートのホーロー看板が設置されている。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線

不二越駅

富山地方鉄道不二越線の駅、不二越の改札画像です。

駅名標。栄町駅開業に伴いテープで次駅部分が修正されている。駅名は当駅付近で創業しメイン事業所を置く大手工作機械メーカー「不二越」に由来する。なお、駅名のみならず路線名「不二越線」も同社に由来している。鉄道路線名が企業名に由来するケースは稀である。
駅番号導入前の駅名標。2019年春に栄町駅が開業するまでは稲荷町駅が隣駅であった。
駅全景。駅舎はなく、ホームがあるのみの簡素な構造となっている。
ホームから駅入口方面を望む。道路へスロープが伸びており、ダイレクトにホームに入ることが出来る。
平日7:00〜8:30のみ係員が配置され改札を行うが、それ以外の時間は無人駅となる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
不二越の富山事業所は看板の通り当駅のすぐそばである。同社は長年この地に事業所を置いて操業し世界を相手に商売を行っている、日本海側有数の工業県である富山県を代表するメーカーの1つである。
不二越の富山事業所は当駅ホームから望むことができる。なお手前の駐車場は温浴施設「満天の湯」の駐車場である。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線

栄町駅

富山地方鉄道不二越線の駅、栄町の改札画像です。

駅名標。副駅名は「県立中央病院口」。当駅は2019年春開業で、地鉄電車では一番新しい駅である。駅番号は立山線立山駅”T56″からの続番であるが、なぜか”T57”が欠番となっており、当駅は”T58”である。
駅舎、道路からホームにダイレクトに入る構造になっている。
稲荷町方出入口、副駅名である県立中央病院はこちらの出入り口が最寄りとなる。
南富山方にも出入り口が設置してある。稲荷町方はスロープに対してこちらに階段のみである。
ホームは片面1面1線の棒線ホームのため行き違い不可。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線