南富山駅

富山地方鉄道不二越線・上滝線の境界駅、南富山の改札画像です。

駅名標。当駅は富山地鉄不二越線と上滝線の境界駅である。稲荷町ー当駅間が不二越線、当駅ー岩峅寺間が上滝線である。しかしながら列車は全列車が両線を直通しており、両線は「不二越・上滝線」として一体化した路線として扱われる。
当駅には他駅にはない駅番号対応の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。レトロな雰囲気が漂う。駅舎は富山地方鉄道の研修センターも兼ねている。
駅前には市内電車の電停がある。
改札口。IC専用の自動改札機が設置されている。列車別改札であり列車が来ない時間帯は封鎖される。
改札口周辺。有人窓口があり自動券売機も設置されている
駅舎内部。待合スペースになっている。
改札口から不二越・上滝線ホームへは構内踏切を渡る必要がある
不二越・上滝線ホーム入口。階段とスロープが両方設置されている
不二越・上滝線ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能
市内電車乗り場。当駅から富山駅に向かう場合は、料金面・運行本数面で市内電車が優位である。なお所要時間面では不二越線が優位である。
当駅は、不二越・上滝線と駅舎の間を市内電車の引込み線が通っており…
引き込み線は当駅構内に設けられた市内電車の車庫に通じている。
当駅前の商店街の屋根部分をよく見ると…
北陸新幹線W7系車両のイラストが描かれている。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
不二越線
上滝線
富山市内軌道線

岩峅寺駅

富山地方鉄道立山線と上滝線の駅、岩峅寺の改札画像です。

立山線駅名標。当駅は立山線と不二越・上滝線の接続駅であり、不二越・上滝線の終着駅である。立山線、不二越・上滝線ともに、当駅を始発・終着とする列車が多数存在する。
駅番号導入前の立山線駅名標
当駅立山線ホームに設置されている吊り下げ式駅名標はエモい雰囲気が漂う
不二越・上滝線駅名標。不二越・上滝線ホームの駅名標には駅番号は貼られていない。
駅舎。開業当時からのものと思われる、神社風の重厚な風格ある駅舎である。
改札口。終日係員配置の有人駅で、IC専用自動改札機が設置されている。
駅舎内部には自動券売機はないため、乗車券は窓口で購入する必要がある
駅舎内部の待合スペース。木製の歴史を感じさせるベンチが趣深い。当駅では2007年に公開された映画「剣岳 点の記」のロケが行われたようで、撮影時の写真が展示されている
当駅の構造は変則的な構造となっており、駅舎側から2番線、1番線、3番線、4番線となっている。
1番・3番・4番ホームには構内踏切を渡る必要がある。
ホームから見た構内踏切の様子。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である
当駅ではしばしば列車の交換が行われるほか、先述の通り当駅始発・終着列車も存在する。
当駅折り返し列車は一旦立山方面に発車後に一旦本線上に停車し、方向転換をした後に再び富山方面ホームに進入してくる。
立山線ホーム入口付近に置かれたベンチ。屋根や柱の構造も相まって、レトロな雰囲気を醸し出している。
駅舎から不二越・上滝線ホームへは屋根のある通路を通ってアプローチする
通路から見た不二越・上滝線ホーム入口付近の様子。通路と交わるように線路の跡が残っており、かつてはこの部分は構内踏切であったものと思われる。現在は線路が埋められ、車止めや壁もあるため列車の通過は不可能である。
通路から不二越・上滝線ホームを望む
車止めは枕木が束ねられた簡素な構造のものとなっている
不二越・上滝線ホームは島式1面2線。画像右側の4番ホームは立山線立山方面へ線路が繋がっており直通可能だが、現在立山方面に直通する列車は1本もなく、全列車が当駅始発・終着となる。
不二越・上滝線ホームは島式1面2線。画像右側の4番ホームは立山線立山方面へ線路が繋がっており直通可能だが、現在立山方面に直通する列車は1本もなく、全列車が当駅始発・終着となる。(画像左側が3番線、右側の列車が停車中のホームが4番線)
4番線の横に建つ趣のある建物は保線基地として使用されている。
不二越・上滝線ホーム上の待合室も歴史を感じさせる雰囲気が漂う
待合室内部。元東急のステンレス車両との対比がギャップを感じさせる
不二越・上滝線ホームから立山線ホーム方面を望む。カボチャ色の電車が止まっている奥のホームが立山線ホームで、間隔が空いていることがわかる。
当駅には趣あるレトロな看板が多数設置されている。吊り下げ式の乗り場案内は経由の「経」が略字となっており歴史が感じられる。
また、このタイプの金属製の縦型駅名標も残っており…
特に駅舎改札口付近の柱には大量に取り付けられている。
中には屋根の下にあるため風雨にさらされることなく良好な状態を保っているものもある。

—————————————
所在地:富山県中新川郡立山町
所属路線
立山線
上滝線

稲荷町駅

地鉄電車の車庫・稲荷町テクニカルセンター最寄駅、稲荷町の改札画像です。

本線駅名標。当駅は富山地鉄本線と不二越線の分岐駅である。本線には寺田から分岐する立山線の列車も乗り入れる。
駅番号導入前の本線駅名標。現在との差異は駅番号の有無のみである。越中富山らしく、日本海みその広告が駅名標の下に入る。
不二越・上滝線駅名標。不二越・上滝線は当駅が起点であるが列車はすべて隣の電鉄富山まで乗り入れる。当駅ー電鉄富山駅間は本線、立山線、不二越・上滝線の3路線の列車が乗り入れるため、地方私鉄にしては非常に多い本数となっている。
駅番号導入前の駅名標。当駅の隣駅は、2019年3月に栄町駅が開業するまでは不二越駅であった。
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な趣ある駅舎である。
駅舎入口には歴史を感じさせる「稲荷町駅」の表示が残る。
改札口。IC専用の自動改札機が設置されている終日有人駅であり、自動券売機も設置されている。
改札口入口には「電車にご乗車の方は早目にホームでお待ち合わせ下さい」と書かれたプレートが設置されている
駅舎内部。自動販売機も設置されている
駅舎内部は待合室となっている
当駅の構内図。最も駅舎から近い不二越線用のホームが3番ホームであり、地下通路を渡った本線用のホームが1番・2番ホームとなっている。
歴史を感じさせる雰囲気ののりば案内看板も残る。富山・宇奈月温泉・立山方面は階段を降りる必要があることが段になった矢印で示されている。
富山・宇奈月温泉・立山方面へ向かう本線ホームへの地下通路階段入口。
地下通路内のホーム入口にはどの方面へ向かうか示す看板が設置されている
同じ場所から地下通路の改札方向を望む
本線ホームは相対式2面2線。電鉄富山ー当駅間は複線であるが当駅以東は単線となる。
本線ホームはカーブしていることがわかる
本線ホームの地下通路入口には歴史ある雰囲気ののりかえ案内が設置されている。「大川寺」と「方面」の間にスペースが空いているが、これは以前の駅名「大川寺遊園」から改名した際に「遊園」を消したものと推測される。
本線ホームの屋根は趣ある造りとなっており…
ホーロー製の縦型駅名標も残っている。広告欄のスポンサーは「皇国晴酒造」。黒部にある酒蔵で富山県呉東地区でも有数の銘酒で知られる酒蔵である。
3番ホーム、不二越線ホーム入口。改札からは非常に近い
不二越線ホームから改札口付近を望む。左に向かえば改札口、まっすぐ進めば本線へ向かう地下通路である。
不二越線ホームは単式1面1線の棒線駅。富山方面、南富山・上滝方面ともにこのホームから発車する。ホームは北海道でよく見られる板張りタイプとなっており、地鉄ではこのホームが唯一である。
当駅には地鉄電車の車両基地兼工場である稲荷町テクニカルセンターが併設されている。元京阪のテレビカーや元西武の初代レッドアローをはじめとした地鉄電車で運用される様々な車両が留置されるほか、改造や修繕などもここで行われる。
本線と不二越線の線路の間には稲荷町テクニカルセンターの事務所もある
不二越線ホームから本線ホーム方面を望む。駅構内は非常に広くなっている

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
富山地方鉄道本線
( 立山線)
不二越・上滝線

富山地方鉄道の駅 一覧

富山地方鉄道本線
電鉄富山稲荷町新庄田中東新庄越中荏原越中三郷越中舟橋寺田越中泉相ノ木新相ノ木上市新宮川中加積西加積西滑川中滑川滑川浜加積早月加積越中中村西魚津電鉄魚津新魚津経田 – 電鉄石田 – 電鉄黒部東三日市荻生 – 長屋 – 新黒部舌山 – 若栗 – 栃屋 – 浦山 – 下立口 – 下立 – 愛本 – 内山 – 音沢宇奈月温泉

立山線
寺田稚子塚田添五百石榎町下段釜ヶ淵沢中山岩峅寺横江千垣有峰口本宮立山

不二越・上滝線
稲荷町栄町不二越大泉 – 南富山 – 朝菜町 – 上堀 – 小杉 – 布市 – 開発 – 月岡 – 大庄 – 上滝 – 大川寺 – 岩峅寺