浦添前田駅

ゆいレールの駅、浦添前田の改札画像です。

駅名標
駅舎。高架駅となっている。
改札口。交通系IC対応の自動改札機が設置されている。なお、ゆいレールではQRコード式の乗車券を採用しており、きっぷでの乗車時はきっぷに印字されたQRコードを改札機に読み込ませることで改札を通過する。
きっぷうりばの様子
ホームは島式1面2線となっている
駅舎に沖縄らしさを表現するため、ゆいレールの各駅には駅にちなんだアートガラスが設置されている。当駅のアートガラスには「浦添城と前田の棒術」がデザインされている。
当駅は海岸線から5km離れているが、高台に位置していることから市街地越しに遠く海を望むことができる。

—————————————
所在地:沖縄県浦添市
乗入路線
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)

経塚駅

ゆいレールの駅、経塚の改札画像です。

駅名標
駅舎。高架駅となっている。
改札口。交通系IC対応の自動改札機が設置されている。なお、ゆいレールではQRコード式の乗車券を採用しており、きっぷでの乗車時はきっぷに印字されたQRコードを改札機に読み込ませることで改札を通過する。
きっぷうりばの様子
ホームは島式1面2線となっている
当駅には「玉城朝薫より、二童敵討」がデザインされたアートガラスが設置されている。「二童敵討」は、ユネスコ無形文化遺産に登録された組踊を創始した玉城朝薫の代表作とされている。

—————————————
所在地:沖縄県浦添市
乗入路線
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)

石嶺駅

ゆいレールの駅、石嶺の改札画像です。

駅名標
駅舎。高架駅となっている。
改札口。交通系IC対応の自動改札機が設置されている。なお、ゆいレールではQRコード式の乗車券を採用しており、きっぷでの乗車時はきっぷに印字されたQRコードを改札機に読み込ませることで改札を通過する。
きっぷうりばの様子。自動券売機とインターホンが設置されている。
駅舎内には沖縄らしくシーサーが置かれていた。
ホームは島式1面2線となっている。
駅舎に沖縄らしさを表現するため、ゆいレールの各駅には駅にちなんだアートガラスが設置されている。当駅のアートガラスには「旗頭とエイサー」がデザインされている。

—————————————
所在地:沖縄県那覇市
乗入路線
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)

首里駅

ゆいレールの駅、首里の改札画像です。

駅名標。当駅は2003年の開業時から2019年までの16年間、ゆいレールの終着駅であった。2019年に当駅ーてだこ浦西間が延伸開業したことにより、当駅は中間駅となった。現在も平日朝に数本のみ、当駅始発・終着となる折り返し列車が設定されている。
駅舎。高架駅となっている。駅名の通り、首里城公園へは当駅が最寄駅である。
改札口。交通系IC対応の自動改札機が設置されている。なお、ゆいレールではQRコード式の乗車券を採用しており、きっぷでの乗車時はきっぷに印字されたQRコードを改札機に読み込ませることで改札を通過する。
きっぷうりばの様子
沖縄らしく、きっぷうりば付近にはシーサーが置かれている。
ホームは相対式2面2線となっている。ゆいレールでは数少ない相対式ホームを有する駅の1つである。
ゆいレールの駅には沖縄の動植物をデザインしたタイルが設置されている。当駅のタイルには「ブーゲンビリア」がデザインされている。沖縄県内の至る所で見ることができる真っ赤な花であるが、赤い部分は葉が変化したもので、その真中にある黄色い部分が本来の花である。
改札内コンコースには「王府首里城と王朝文化」がデザインされたアートガラスも設置されている。沖縄の歴史と文化を育み発展させた古都首里を琉球王朝のシンボルである首里城の建造物と古式行事によって表現している。

—————————————
所在地:沖縄県那覇市
乗入路線
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)

儀保駅

ゆいレールの駅、儀保の改札画像です。

駅名標
駅舎。高架駅となっている。
改札口。交通系IC対応の自動改札機が設置されている。改札口付近には沖縄らしくシーサーが置かれている。
きっぷうりばの様子
ホームは島式1面2線となっている
ゆいレールの駅には沖縄の動植物をデザインしたタイルが設置されている。当駅のタイルには「ゲットウ(月桃)」がデザインされている。沖縄では旧暦の12月8日に“ムーチー(鬼餅)”という行事が行われるが、この月桃の葉に包んだ蒸し餅を作り厄払いを行う。
改札内コンコースには「王府首里城と王朝文化」がデザインされたアートガラスも設置されている。沖縄の歴史と文化を育み発展させた古都首里を、琉球王朝のシンボルである首里城の建造物によって表現している。
当駅ホームは非常に眺めがよく、那覇市街を一望することができる。これは当駅が高台に位置していることに加え、当駅付近の高架橋の高さが高いためである。
当駅は海岸線から5km離れた内陸部に位置するにもかかわらず、ホームから海を望むことができる。当駅からは、東シナ海と那覇市街をバックに走行するモノレールの様子がよく見える。

—————————————
所在地:沖縄県那覇市
乗入路線
沖縄都市モノレール線(ゆいレール)