鶴来駅

北陸鉄道石川線の終着駅、鶴来の改札画像です。

○駅名標
当駅は北陸鉄道石川線の終着駅となっている。
かつては当駅より先、加賀一の宮まで伸びていたが、2009年に廃止となった。
鶴来駅名

○駅舎
瓦屋根とレトロな雰囲気が特徴的な、趣ある駅舎となっている。
鶴来駅舎

○改札口
有人駅となっている。改札は列車到着時のみ開く。
鶴来改札

待合室側にも、改札ラッチが設置されているが、使用されているかは不明。
鶴来待合室

○駅構内
当駅は2面3線のホームのほか、車庫も併設されており広い構内を有する。
鶴来駅構内

○石川線の廃線跡
当駅より先、石川線の当駅ー加賀一の宮間2.1kmは2009年に廃止されている。
しかし、廃線から10年近く経った現在でも、営業時代の遺構を見ることができる。
※廃線跡の画像は、すべて敷地外の、安全な場所より撮影しております

鶴来駅を出た線路(廃線区間)。右に大きくカーブしている。
架線柱や線路・架線は撤去されずに残っていることがわかる。
鶴来廃線

中鶴来駅跡。かつては鶴来高校が駅近くにあり通学客で賑わったが、
鶴来高校が鶴来駅付近に移転後、閑散化した。
鶴来中鶴来駅跡

中鶴来駅跡付近の石川線廃線跡。
踏切跡では、線路に立ち入ることが出来ないようバリケードがなされている。
鶴来廃線跡中鶴来

線路・架線柱・架線いずれも営業当時のまま残っていることがわかる。
また、石川線の架線は、普通鉄道としては珍しい「直接吊架式」となっている。
鶴来廃線跡

加賀一の宮駅舎跡。白山比咩(しらやまひめ)神社の最寄駅として知られていた。神社の最寄駅としてふさわしい、重厚な趣ある駅舎を有していた。
現在、駅跡は「一の宮」バス停となっており、白山ろく方面のバスが停車する。

鶴来一ノ宮駅舎跡

加賀一の宮駅のホーム跡。線路跡には草が生い茂っている。
鶴来一ノ宮ホーム跡

在りし日の加賀一の宮駅(2006年撮影)

駅舎
加賀一の宮 駅舎

ホーム加賀一の宮 ホーム

—————————————
所在地:石川県白山市
乗入路線
石川線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください