新福井駅

えちぜん鉄道の駅、新福井の改札画像です。

駅名標。福井駅同様、駅名標は木製の独特なものとなっている。
駅舎。高架の無人駅で改札はないため、ホームへは階段やエレベーターでダイレクトに入ることができる。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能。
当駅ホームから福井方面を望む。福井駅までの距離は近い。右に北陸新幹線および北陸本線の高架が並行して通っている。

—————————————
所在地:福井県福井市
所属路線
えちぜん鉄道勝山永平寺線
えちぜん鉄道三国芦原線

神明駅

福井鉄道の駅、神明の改札画像です。

駅名標、当駅には急行以下全ての列車が停車する。駅名は当駅が最寄駅となる神明神社から命名された。
駅舎、駅舎は近年改装されたが趣のある平屋建ての駅舎となっている。
改札口、当駅は有人駅となっていて乗車券の購入が出来る。
改札口周辺、窓口のほか券売機も設置されている。
駅舎内には待合室も設置されている。
ホームは2面3線。通常使用されるのは真ん中の島式ホームのみとなっている。
駅舎とホームは構内踏切で結ばれる。
駅舎に隣接したホームは他のホームと異なり高さが高くなっている。これはかつて運行されていた高床式車両用のホームである。現在はすべて路面電車型の低床式車両での運行であるため、使用されていない。
福鉄の特徴として、ポイント部分にスノーシェッドが設けられていることが挙げられる。福井は雪国であるため冬季はそれなりに積雪がみられるが、同じ福井県内の鉄道であるえち鉄等にはない設備であり、福鉄独特のものとなっている。

—————————————
所在地:福井県鯖江市
乗入路線
福井鉄道福武線

北府駅

福井鉄道の駅、北府の改札画像です。

駅名標。「北府」と書いて「きたご」と読む難読駅名。駅名標には菊人形等武生地域の名物の写真入り。また福井鉄道の本社は当駅が最寄りとなる。
駅舎。歴史と趣が感じられる木造駅舎である。近年改築されたがかつての趣を今に残している。
改札口、平日朝のみ駅員が改札を行い、それ以外は無人となっている。
駅舎内部は待合スペースになっている。
待合スペースにはベンチ・自動販売機も設置されており、ゆっくりと電車を待つことが出来る。
駅舎内には「福井鉄道のあゆみ」と題したギャラリーが併設されており、福井鉄道の歴史ある展示を見ることができる。
ギャラリー内には駅の備品やホーロー駅名標の展示がなされている。
タブレット収納機、過去の写真などが展示されている。
当駅には大変貴重な鉄道用品が大切に保管されている。
ホームは相対式2面2線ホームを有している。
駅舎から対面ホームには構内踏切を渡って移動する。
当駅福井寄りには福井鉄道の車両工場があり隣の越前武生駅同様、多くの列車が留置されている。
当駅にはホームのほかに車両工場からの留置線がある。
留置線は越前武生駅にはつながっておらず、当駅構内で完結している。

—————————————
所在地:福井県越前市
乗入路線
福井鉄道福武線

越前武生駅

福井鉄道の駅、越前武生の改札画像です。

駅名標。当駅は福鉄福武線の終着駅。駅名標は武生の名所の写真入り。また当駅は武生駅より徒歩3分ほどの位置にある。
駅舎。以前は武生新駅という駅名であったが近年越前武生駅に改名。
改札口。有人駅であり駅員が切符にハンコを押すスタイル。交通系IC利用不可。
駅舎内部。自動券売機と窓口があり乗車券の購入が可能。
駅舎内の待合スペース
ホームは頭端式の2面3線。
ホーム横には福鉄の車両が留置される。

—————————————
所在地:福井県越前市
乗入路線
福井鉄道福武線

牛ノ谷駅

北陸本線の駅、牛ノ谷の改札画像です。

駅名標。当駅は福井県最北端の駅であり隣の大聖寺駅は石川県となる。
駅舎。こぢんまりとした木造駅舎となっており、山間に佇む田舎の小駅感が漂う。
改札口。無人駅であり、IC専用簡易改札機設置。県境に位置しているためか当駅の利用者数は北陸本線全線で最も少ない部類に入る。当駅ー新疋田間の北陸本線福井県内各駅では、長らくICカードの利用は不可能であったが、2018年9月に待望の交通系ICが導入され現在は利用可能となっている。
駅舎内は待合室となっている
駅舎内には運行状況表示モニター(iPad使用)が設置されているが自動券売機は設置されていない。ICチャージ不可のため残高不足に注意。
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。特急列車が通過するため注意。
ホームは島式1面2線となっている。福井方面乗り場(左側)と金沢方面乗り場(右側)は高さが異なっておりホーム上に段差がある。

—————————————
所在地:福井県あわら市
所属路線
北陸本線