新浜松駅

遠州鉄道の駅、新浜松の改札画像です。

駅名標。当駅は遠鉄電車、通称「赤電」の起点駅である。東海道新幹線・東海道線が発着するJR浜松駅とは徒歩で連絡が可能である。
映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の中に登場する「第3村」のモデル地の1つである「天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅」の所在地浜松市への観光誘客を目的に、天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道で「人類乗車計画」の実施を記念し、取材時は駅構内に「シン・ハママツ」表記の駅名標が掲示されていた。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎が設けられている。当駅の駅前には遠鉄百貨店が立地し、当駅と連絡通路で結ばれている。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。遠州鉄道のICカード「nicepass(ナイスパス)」専用の簡易改札機が設置されている。TOICA等の交通系ICは遠鉄電車では利用できない。
2番線改札口。当駅を発着する列車はほとんどが1番線から発着し、2番線はラッシュ時間帯や混雑時のみ使用される。
当駅には出札窓口と自動券売機が設置されている。
ホームは相対式2面2線となっている。前述の通りほとんどの列車が1番線から発着する。
当駅は遠鉄電車の起点駅であるため線路は当駅で行き止まりとなっている。遠鉄電車の線路終端部の先にはJR東海の東海道新幹線・東海道線が通っている。

—————————————
所在地:浜松市中区
乗入路線
遠州鉄道