萩山駅

西武拝島線と多摩湖線の駅、荻山の改札画像です。

拝島線の駅名標
多摩湖線の駅名標
駅舎。当駅の駅舎は洋風のお洒落な橋上駅舎となっている。
改札口。利用者が少ないためか改札機の台数も少ない。
当駅のホームは2面3線となっている。

—————————————
所在地:東京都小平市
乗入路線
 西武拝島線
 西武多摩湖線

八坂駅

西武多摩湖線の駅、八坂の改札画像です。

駅名標
駅舎。ホームは高架であるが駅舎は地上にある。当駅周辺には西武線の他の駅がいくつかあり、新宿線久米川駅まで徒歩10分、隣の駅である拝島線・多摩湖線萩山駅まで徒歩12分、拝島線・国分寺線小川駅まで徒歩15分程度である。
駅舎内部
改札口
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。当駅ー武蔵大和駅間には回田(めぐりた)信号場があり、1.7kmの複線区間となっている。列車交換はしばしば回田信号場で行われる。
当駅の西側200mの地点に、多摩湖線と国分寺線が交差する地点があるが、両線とも駅が設けられておらず連絡ができない。なお、盛り土で上を通るのが多摩湖線、地上で下を通るのが国分寺線である。

————————————————–
所在地:東京都東村山市
乗入路線
西武多摩湖線

武蔵大和駅

西武多摩湖線の駅、武蔵大和の改札画像です。

駅名標
駅舎。現在の駅舎はバリアフリーに対応するため2011年に改築されたものである。現駅舎に通じる階段の右側に旧駅舎時代の通路が残る。
駅舎内部
改札口
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。当駅ー八坂間に回田(めぐりた)信号場があり、1.7kmの複線区間となっている。回田信号場では列車交換がしばしば行われる。
ホームには改札口とは別に下に降りる階段があり…
降りた先には旧駅舎時代の駅事務所・改札口であったと思われる構造物が残る。
旧駅舎跡からは通路が駅前方向に向かって伸びている。現在は使用されていない。

————————————————–
所在地:東京都東村山市
乗入路線
西武多摩湖線

西武遊園地駅

西武多摩湖線と山口線の駅、西武遊園地の改札画像です。

駅名標。駅名の通り、西武園ゆうえんち(西武グループ)の最寄駅の1つである。

北口駅舎。西武園ゆうえんち入口に近い。西武園ゆうえんち利用者向けである。
南口駅舎。駅周辺住宅地に近い。近隣住民向けである。

北口改札。自動改札機が2通路設置されている。
南口改札。無人改札となっている。
多摩湖線は、通常の電車が走っている。1面2線島式ホーム。
山口線ホーム
山口線は、ゆりかもめ・シーサイドライン・日暮里舎人ライナーのような新交通システムとなっており、専用の1面1線のホームから発着する。
当駅が西武園ゆうえんち最寄駅のため、待合室は遊園地仕様のデザインとなっている。
西武園ゆうえんちの中央口は当駅北口から階段を上ってすぐである。

————————————————–
所在地:東京都東村山市
乗入路線
西武多摩湖線
西武山口線(レオライナー)

遊園地西駅

西武山口線の駅、遊園地西の改札画像です。

駅名標。駅名の通り、西武園ゆうえんち西側に位置している。当駅と西武遊園地駅との間に都県境があり、西武遊園地駅は東京都にあるのに対し、当駅は埼玉県に位置する。
遊園地西駅名
旧駅名標。当駅には最近まで西武線の旧デザイン駅名標が残存していた。
駅舎。三角屋根が特徴的な駅舎となっている。駅舎後ろに建つ建物は「中国割烹旅館 掬水亭(きくすいてい)」(西武グループ)である。
駅舎内部
改札口。自動改札機が2通路設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。山口線は通常時20分おきの運転だが、西武ドームでの野球・イベント開催時は10分おきに増便される。当駅ー西武球場前駅間に交換設備があり、増便時は列車交換が行われる。
線路には750ボルトの電気が流れており危険である旨の表示がなされている。物を落とした場合等、線路には立ち入らないようにしたい。
当駅に進入するレオライナー西武遊園地行きの車両。分類としては新交通システムとなり、ゆりかもめ・シーサイドラインの仲間である。
遊園地西ホームから
ホームからは西武園ゆうえんち(西武グループ)の中が丸見えとなっている。
駅前風景。駅を出て1秒で遊園地のメルヘンな世界が広がる。
当駅前ではパンダを乗り回すことが可能である。パンダ乗車にかかるコストは不明。
駅前すぐに西武園ゆうえんち(西武グループ)の西口ゲートがある。

————————————————–
所在地:埼玉県所沢市
乗入路線
西武山口線(レオライナー)