岐阜羽島駅/新羽島駅

岐阜県唯一の新幹線駅、岐阜羽島の改札画像です。

駅名標。当駅は岐阜県にある唯一の新幹線駅である。東隣の名古屋駅は愛知県、西隣の米原駅は滋賀県であるため、3駅連続で所在県が異なる。当駅には、一部のひかり号と全てのこだま号が停車し、全てののぞみ号は当駅を通過する。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。近隣には名鉄羽島線の新羽島駅があり、乗り換えが可能となっている。
改札口。当駅の利用者数は東海道新幹線の駅としては最も少ない。駅周辺には大規模な駐車場が設けられており、近隣地域から自家用車での利用者を集めている。
駅舎。当駅は名鉄羽島線の終着駅であり、東海道新幹線岐阜羽島駅との連絡駅でもある。また、名鉄全線で最西端の駅となっている。駅舎は地上にあるが、ホームは高架ホームとなっている。
改札口。新幹線接続駅であるが、無人駅である。manaca等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。
—————————————
所在地:岐阜県羽島市
乗入路線
東海道新幹線
名鉄羽島線