矢岳駅

肥薩線の駅、矢岳の改札画像です。 

駅名標。当駅は熊本県最南端の駅であり隣の真幸駅は宮崎県となる。駅名標には当駅が最寄の矢岳高原キャンプ場がモチーフと思われるイラストが入る。
駅舎軒下には手書きと思われる駅名標も残る。
また木製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。1909年の開業当時からと思われる歴史と趣ある木造駅舎が現役で使用されている。
改札口跡。現在は無人駅となっている。
かつての窓口跡。歴史を感じさせる造りとなっている。
駅舎内の待合スペース
駅舎ホーム側軒下に残るラッチ跡と駅名標がレトロ感を演出しておりタイムスリップしたような感覚に陥る
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつては行き違い可能な設備があったようである。
駅構内は広くなっており…
かつてホームであったと思われる構造物と線路が残る。
また、かつて線路が多数あったと思われる広大な空き地の奥には…
SL時代に使用されていた給水塔と思われる構造物の遺構もあり、
またホーム反対側の空き地の別の箇所には…
謎の構造物が残っている。
駅前広場。山間に佇む木造駅舎と火の見櫓が趣を演出している。
また当駅前には「人吉市SL展示館」なる施設があり…
D51 170機が保存されている。
顔はめパネルが置かれているが、改元に対応していない。30年前にタイムスリップした感覚が味わえる。
当駅の標高は536.9mで、肥薩線内で最も高い。当駅から人吉方面吉松方面ともに、断続的に下り勾配が続く。なお、肥薩線と並行して走る道路のうち、九州道は加久藤トンネルで山をぶち抜いており、国道221号はループ線である程度標高を稼いだのち、やはり県境をトンネルでぶち抜いている。

————————————— 
所在地:熊本県人吉市
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください