小倉駅

北九州市の玄関口・小倉の改札画像です。 

山陽新幹線駅名標。当駅にはのぞみ号・みずほ号を含む全営業列車が停車する。
在来線駅名標。小倉祇園太鼓をモチーフとしたイラストが入っている。
当駅には鹿児島本線と日豊本線が乗り入れ、当駅ー西小倉間は両線の重複区間である。
特急「ソニック」等、両線を直通する列車は当駅で方向転換を行う。
駅舎。駅舎内からモノレールが飛び出してくるインパクトある駅舎である。
当駅周辺は北九州市の中心部であり繁華街となっている。
在来線3F改札口。モノレールへの乗り換えが便利。
在来線1F改札口。他線への乗り換えはやや不便である。
新幹線改札口
新幹線乗り換え口
モノレール改札口(東側)。JR線・新幹線への乗り換えが便利。
モノレール改札口(西側)
—————————————
所在地:北九州市小倉北区
乗入路線
山陽新幹線
鹿児島本線
■ 山陽本線)
■ 日豊本線
■ 日田彦山線)
■ 北九州モノレール

西小倉駅

鹿児島本線と日豊本線の分岐駅、西小倉の改札画像です。

鹿児島本線の駅名標。当駅が小倉城の最寄駅のため、小倉城のイラストが入っている。
日豊本線の駅名標。当駅は鹿児島本線と日豊本線の分岐駅である。
なお、当駅ー小倉間は鹿児島本線と日豊本線の重複区間であり、線路も別である。
特急ソニック等、両線を直通する列車は小倉で方向転換するため、当駅を2度通る。
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口
ホームは3面5線となっており、鹿児島本線が2面3線、日豊本線が1面2線を使用する。
右側に見える高架線は山陽新幹線である。
鹿児島本線・日豊本線の両線は当駅を出るとすぐに分岐する。
鹿児島本線は博多・熊本等西九州を経由し、日豊本線は大分・宮崎等東九州を経由する。
両線が再び出会うのは遥か400km近く南、両線の終点である鹿児島駅である。
3番のりばは鹿児島本線・日豊本線両線への入線が可能である。
—————————————
所在地:北九州市小倉北区
乗入路線
鹿児島本線
日豊本線

九州工大前駅

鹿児島本線の駅、九州工大前の改札画像です。

駅名標。当駅は駅名の通り九州工業大学の最寄駅である。かつては新中原という駅名であった。
イラストは九工大が宇宙関連の研究が盛んなことから、惑星がモチーフと思われる。
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口
—————————————
所在地:北九州市戸畑区
乗入路線
鹿児島本線

戸畑駅

鹿児島本線の駅、戸畑の改札画像です。

駅名標。戸畑祇園大山笠の提灯大山笠のイラストが入っている。
駅舎
改札口
改札口を入ってすぐの場所に、昔の機関車の車番板や行き先表示板が展示されている。
戸畑と対岸の若松を結ぶ若戸大橋。当駅のホームから良く見える。
—————————————
所在地:北九州市戸畑区
乗入路線
鹿児島本線

枝光駅

鹿児島本線の駅、枝光の改札画像です。

駅名標。枝光に一時期居住していた、竹久夢二の美人画が描かれている。
駅舎。高架駅となっている。
改札口
ホームは相対式2面2線となっており、ゆるくカーブしている。
—————————————
所在地:北九州市八幡東区
乗入路線
鹿児島本線