新岩国駅 / 清流新岩国駅

山陽新幹線の駅、新岩国の改札画像です。

駅名標
駅舎。岩国市街地からは離れた場所にあり、周辺には自然豊かな環境が広がる。
なお、岩国市の観光名所である錦帯橋へは、岩国駅より当駅の方が近い。
改札口。利用者が少ないため、自動改札機は2通路のみの設置である。
ホームは2面3線あり、加えて通過線が上下各1線ずつ存在する。
コンコース。売店等はなく、だだ広い空間となっている。
当駅には国鉄様式のサインが民営化から30年以上経った今でも残る。
岩国といえば錦帯橋。当駅のホームには錦帯橋を描いた絵が飾られている。

山陽新幹線・新岩国駅から徒歩7分ほど離れた場所に、錦川鉄道の清流新岩国駅がある。
なお、山陽新幹線の車内アナウンスでは、錦川鉄道への乗り換えが可能である旨はアナウンスされない。

清流新岩国駅の駅名標。当駅は2013年までは、駅所在地の地名である「御庄」駅であった。
新幹線への乗り換えが可能であることをアピールするため、駅名が改称された。
なお、駅名の「清流」は路線名である「錦川清流線」に由来するものである。
清流新岩国駅外観。駅舎はなく、盛り土上にホームがあるのみである。
清流新岩国駅入り口。連絡通路から直接ホームに上がる形となる。
ホームは単式1面1線の棒線駅。奥の高架はもちろん、山陽新幹線である。

—————————————
所在地:山口県岩国市
乗入路線
山陽新幹線
 錦川鉄道錦川清流線

 

岩国駅

錦帯橋・岩国城への観光拠点駅、岩国の改札画像です。

※2018年4月再取材

駅名標。広島地区への路線記号導入に伴い、ラインカラーが入っている。
徳山・下関方面には路線記号が導入されていないため、通常の青い駅名標もある。
岩徳線駅名標。岩徳線には路線記号はないが、ラインカラーである緑の駅名標となっている。
駅舎。現在の駅舎は2017年秋に供用開始された真新しい橋上駅舎である。
改札口
駅舎内部。カフェ「岩国珈琲」やセブンイレブンがある。
岩国
以前の駅舎。歴史を感じさせる趣ある雰囲気の駅舎だった。
岩国
以前の西口改札。以前の駅舎は橋上駅舎ではなく、西口・東口で改札が分かれていた。
岩国
以前の東口改札。簡易型自動改札機1台のみの設置で、営業時間も限られていた。

—————————————
所在地:山口県岩国市
乗入路線
山陽本線
岩徳線
錦川清流線)