新尾道駅

山陽新幹線の単独駅、新尾道の改札画像です。

駅名標。当駅は在来線の接続がない所謂「新幹線単独駅」の1つである。
1988年に地元負担で設置された請願駅であり、同日には2駅隣に東広島駅も開業している。
駅舎。「坂の街」「映画の街」「文学の街」として知られる尾道市の玄関口の1つである。
改札口。利用者が少ないため、自動改札機は2通路のみの設置である。
尾道市という観光都市の玄関口の1つでありながら、利用者数は多くない。
これは、在来線の尾道駅の方が市街地に近く、停車本数が少ない当駅を利用するよりも、
のぞみ号やさくら号も停車する隣の福山駅で在来線に乗り換える乗客が多いためである。
ホームは相対式2面2線であり、加えて通過線が上下各1線ずつある。
かつてのぞみ号で活躍していた500系。今はこだま号での活躍が中心である。
かつて猛スピードで通り過ぎていた当駅にも停車するようになったが、
スピード感溢れる外観の格好良さはのぞみ号で活躍していた当時と変わらない。
駅舎内部。待合スペースと観光案内所が設けられている。
観光都市・尾道の玄関口の1つであるため、お土産コーナーがある。
改札内コンコース

—————————————
所在地:広島県尾道市
乗入路線
山陽新幹線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.