宝達駅

七尾線の駅、宝達の改札画像です。

駅名標
西口駅舎。開業当時からある入り口。
西口改札。有人窓口があり、改札業務や発券業務を行っている。
西口駅舎の駅舎内部。待合室となっている。
東口駅舎。駅裏にあたり、近年出口が設けられた。
東口改札。自動券売機はあるが改札は無人となっている。
東口駅舎の駅舎内部。待合室となっている。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違いが可能となっている。
七尾線は、当駅の金沢方で天井川である宝達川の下をトンネルでくぐる。
このトンネルの断面積が小さく絶縁距離が保てないことから、七尾線は直流電化となった。
また、当駅をはじめ七尾線の駅の跨線橋は高さが低く架線との距離が短い。
そのため、絶縁距離を保てないことも七尾線が直流電化となった理由の1つである。

—————————————
所在地:石川県羽咋郡宝達志水町
乗入路線
七尾線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください