八東駅

若桜鉄道の駅、八東の改札画像です。

駅名標。国鉄チックなデザインである
駅舎。赤いトタン屋根と木製の外壁が趣ある開業当時からの木造地平駅舎である。
当駅の駅舎も登録有形文化財に指定されている。
駅舎内部。当駅には改札ラッチ跡は残っていない。
窓口跡では平日の10時〜15時の間地域住民が駅舎を開け、乗車券の販売を行う。
駅窓口跡内部。地域住民の集会所兼待合スペースとなっている。(許可を得て撮影)
駅舎内の待合スペース
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可
ホームの郡家寄りには有蓋緩急車ワフ35000形が置かれ、かつての貨物ホームが復元された。
有蓋緩急車の説明
駅舎のみならずホームも国の登録有形文化財に指定されている
ホーム上の待合スペースは開業当時からのものと思われ、大変趣深い雰囲気となっている

—————————————
所在地:鳥取県八頭郡八頭町
乗入路線
若桜鉄道若桜線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください