後藤駅

境線の駅、後藤の改札画像です。

駅名標。境線のラインカラーは「青」のため、ラインカラー導入後もデザインは変わらない。
境線オリジナルの妖怪駅名標。当駅は「どろたぼう駅」である。
駅舎。西口側にあり、青い瓦屋根が特徴的な駅舎である。
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する。
東口側には駅舎はないが、勝手口が設けられている。
東口側へも、ホームから構内踏切を渡る必要がある。
自動券売機はホーム待合室上に置かれている。
ホームは島式1面2線であり、行き違いが可能である。
当駅には隣接して後藤総合車両所があり、駅構内は広くなっている。
境線本線のほか、後藤総合車両所構内の線路が駅横を通る。
当駅から見た後藤総合車両所。主に山陰本線向けの車両が所属する。
特急「やくも」やサンライズ瀬戸・出雲の車両もここの所属である。
ここでは主に列車の整備・点検・改造を行っている。
なお、後藤総合車両所への入出区があるため、境線は当駅ー米子間のみ電化されている。

—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
■ 境線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.