亀山駅

関西本線と紀勢本線の合流駅、亀山の改札画像です。

※2016年10月再取材

○駅名標
当駅には関西本線と紀勢本線が乗り入れ、紀勢本線は当駅を起点とする。

関西本線
関西本線は名古屋ー当駅が電化区間かつJR東海管轄である。
当駅ー加茂間は非電化区間であり、JR西日本管轄となる。

紀勢本線
紀勢本線は当駅を起点とし紀伊半島沿岸を結び和歌山市へと至る。
かつては紀伊半島方面へ向かう優等列車は当駅を経由していたが、
河原田ー津間を短絡する伊勢線が開通後は、ローカル輸送が主体となっている。

○駅舎
「世界の亀山モデル」とローソクの産地として知られる三重県亀山市の玄関口。
赤い瓦屋根が特徴の地平駅舎となっており、駅舎は駅北側にのみ存在する。
 
○改札口
自動改札機が導入されているが、TOICA・ICOCA等のICカードは使用できない。
 
—————————————————
所在地:三重県亀山市
乗入路線
関西本線
紀勢本線