芝山千代田駅

日本一短い鉄道である芝山鉄道の駅、芝山千代田の改札画像です。 

○駅名標
当駅は芝山鉄道線の終着駅であり、芝山鉄道線の唯一の駅である。 
駅名標は、京成電鉄の旧デザイン駅名標の色違いとなっている。 


○駅舎
当駅は成田空港開業に伴う近隣住民への補償の一環として開業した。
芝山町では当駅が唯一の鉄道駅であり、芝山町の玄関口として機能している。


○改札口
日本信号製の自動改札が3通路導入されている。
なお、Suica・PASMO等のICカードは一切利用できない。


○ホーム
単式1面1線のホームである。京成の東成田線と一体化した運用となっている。
芝山鉄道線の列車は全て京成東成田線に乗り入れ、40分おきの運行となる。

 
当駅は成田空港敷地のほど近くに位置している。
そのため、ホームから旅客機の姿を眺めることもできる。 

○ホーム終端
単線の高架線は当駅で行き止まりとなっている。

芝山鉄道は芝山町中心部を経由し、九十九里までの延伸計画がある。
当駅周辺には延伸を願う看板が設置されているが、現在実現の見通しは立っていない。

○駅前
駅前ロータリーには埴輪のモニュメントが設置されている。
これは、芝山町で埴輪が多数出土していることによるものである。 

○日本一短い芝山鉄道
芝山鉄道は東成田ー芝山千代田間2.2kmを結ぶ1駅だけの路線である。
これは、日本の普通鉄道では最も営業距離が短い路線となる。

————————————— 
所在地:千葉県山武郡芝山町
乗入路線
■ 芝山鉄道 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください