稲荷町駅

富山地方鉄道・稲荷町工場最寄駅、稲荷町の改札画像です。

※2017年8月再取材

○駅名標
当駅は、富山地鉄の本線と不二越・上滝線が乗り入れる。

地鉄本線
寺田から分岐する立山線の列車も乗り入れる。
越中富山らしく、日本海みその広告が駅名標の下に入る。
稲荷町本線駅名

不二越・上滝線
不二越・上滝線は当駅から分岐し、南富山や上滝を経由し岩峅寺に至る。
当駅止まりの列車はなく、全列車が隣の電鉄富山駅まで乗り入れる。
稲荷町不二越駅名

○駅舎
茶色の瓦屋根が特徴的な趣ある駅舎。
稲荷町 駅舎

○改札口
ICカード「ecomyca(えこまいか)」専用の自動改札機が設置されている。
稲荷町 改札

○ホーム
本線のホームは相対式2面2線となっている。
不二越・上滝線ホームとは離れており、地下道で連絡する。
稲荷町本線ホーム

不二越・上滝線ホームは単式1面1線の棒線駅である。
北海道でよく見る板張りのホームとなっている。
稲荷町不二越ホーム

本線と上滝線の間には地鉄電車の車両工場兼車両基地である稲荷町工場がある。
地鉄電車で活躍する、元東急・西武・京阪などの車両が留置されている。
稲荷町車庫

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
富山地方鉄道本線
( 立山線)
不二越・上滝線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください