黒磯駅

東北地方の玄関口、黒磯の改札画像です。

※2017年8月再取材

○駅名標
当駅は東北本線における重要な拠点駅となっている。
当駅を境に南は直流電化、北は交流電化と、電化方式が異なる。
そのためすべての普通列車が当駅を始発・終着駅とする。

東北本線(宇都宮線)
当駅より南、当駅ー東京間は通称「宇都宮線」と呼ばれる。
駅名標のラインカラーも宇都宮線のオレンジとなっている。
当駅は東京近郊区間の宇都宮線における最北端となっている。
黒磯宇都宮駅名

東北本線
当駅より北、郡山・福島・仙台方面はラインカラーが緑となる。
宇都宮線も正式名称は東北本線であるが、運転系統が異なるため
ラインカラーも異なり、別路線であるかのように扱われている。
黒磯東北駅名

○駅舎
東北新幹線の高架下に当駅の駅舎がある。
黒磯駅舎

○改札口
Suica等のICカード対応の自動改札機が設置されている。
なおICカードは当駅より南、宇都宮線でのみ使用できる。
当駅より北、東北本線の新白河・郡山方面へは利用できないので気をつけたい。
黒磯改札

改札口脇には、かつて使用されていたと思われる行き先表示(サボ)が並べられている。
黒磯サボ

○ホーム
先述の通り、当駅を境に電化方式が変わるため当駅構内は広くなっている。
普通列車は、宇都宮線と東北本線郡山方面で発着ホームが分けられている。
黒磯ホーム

○直流と交流の境界・黒磯
通常、直流電化と交流電化を切り替える際は、駅間にデッドセクションと呼ばれる、電気の流れていない部分を設け、通過した電車が車上で電源切り替えを行う。
それに対し、当駅の構内は直流、交流が両方流せる構造になっており、
どちらの電気を流すかを地上で切り替える。この方式は当駅が日本で唯一である。
しかし、当駅の地上での電源切替設備は配線が複雑な上に老朽化しており、
誤操作による作業員の感電や、交流車両に直流を流して車両火災が発生するなど、事故やトラブルも発生している。そのため、当駅ー高久間にデッドセクションを設け、地上切替設備を廃止し、当駅構内を完全に直流電化とすることが決定した。
黒磯駅構内

地上電源切替設備。配線が複雑なことがよくわかる。
黒磯地上切替装置

郡山・福島方面から当駅に乗り入れる交流専用のE721系電車。
当駅構内が完全に直流電化となると、当駅には乗り入れなくなる。
黒磯交流車

—————————————
所在地:栃木県那須塩原市
乗入路線
 東北本線(宇都宮線)
東北本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください