柘植駅

関西本線と草津線の交わる駅、柘植の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
当駅には関西本線と草津線が乗り入れ、草津線は当駅が起点である。
拓殖(たくしょく)と間違えやすいが、当駅は柘植(つげ)であり漢字と読みが異なる。

関西本線
大阪近郊区間への路線記号導入に伴いラインカラー対応の駅名標に交換された。 

草津線
大阪近郊区間への路線記号導入に伴いラインカラー対応の駅名標に交換された。  
 
ラインカラー導入前の駅名標
柘植 駅名標
 
○駅舎

当駅は三重県内で一番最初に開業した駅である。
駅舎は、歴史と風格を感じる趣ある木造駅舎となっている。

○改札口
自動改札は導入されていないが、今後ICOCAが導入予定。
 
○駅構内
3方向に線路が伸びるため、広い構内を持つ。

 
当駅の跨線橋の階段には、「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と書かれている。


柘植おかえりなさい
 
○忍者の里・伊賀
当駅は忍者の里として知られる三重県伊賀市に位置している。
当駅構内では、至る所で忍者の姿を見ることができる。
柘植忍者8

柘植忍者


柘植忍者1

柘植忍者2

柘植忍者4

柘植忍者3

柘植忍者7

柘植忍者6

柘植忍者5

駅舎柱には手裏剣が刺さっており、忍者の里の駅を演出している。
柘植手裏剣

○三重県最古の駅・柘植
当駅は三重県で最も最初に開業した駅である。
当駅には、開業当時に建てられたもので現在も残っているものがある。
駅西側の煉瓦造りの危険品庫は、当駅が開業した1890年に建てられたものである。柘植倉庫

当駅のトイレ。外観・内装は改装されているが…
柘植トイレ

1890年(明治23年)の開業時から使用されている建物であることがわかる。
柘植トイレ財産票

—————————————
所在地:三重県伊賀市
乗入路線
■ 関西本線 
草津線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください