粟津駅

北陸本線の駅、粟津の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
粟津駅名

○駅舎
石川県内の北陸本線の駅では、近年駅舎の改築が進んでいるが、
当駅は、開業当初からの趣ある木造駅舎となっている。
粟津駅舎

○改札口
2017年4月の石川地区ICOCA導入に伴い、IC専用簡易改札機が導入された。
粟津改札

○駅構内
ホームは島式2面4線となっている。一部普通列車が当駅で特急の通過待ちを行う。
粟津ホーム

かつて当駅には、貨物列車が発着しており、貨物ホームがあった。
現在貨物駅は廃止されているが、当時の名残で広い駅構内を有する。
粟津駅構内

当駅は粟津温泉と那谷寺(なたでら)の最寄駅の1つである。
粟津温泉は、1300年の歴史を持つ旅館「法師」があることで知られる。
那谷寺は、松尾芭蕉も立ち寄った北陸有数の名刹として知られている。
なお、粟津温泉・那谷寺ともに駅からは離れている。(約4〜5km)
粟津温泉

—————————————
所在地:石川県小松市
所属路線
北陸本線

全国の「粟津駅」リンク
->滋賀県にある京阪石山坂本線の粟津駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください